TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/02/21 現在)

21467
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1133039 更新:2012年12月01日

6年理科・東京書籍1ものの燃え方と空気(8)酸素のないところで加熱したら?


誰でもできる楽しい理科授業  東京書籍版

Logo-2001__1_

6年「ものの燃え方と空気」 (9/10)

                                    作成者   福島アンバランス 大堀 真   福島メーリングリスト推薦

【 準備物 】 アルミホイル10センチ×10センチくらいのもの
        るつぼばさみ、またはラジオペンチ
        わりばし(五センチメートル程度にカットしたもの)
        マッチ等点火セット      

指示1:

教科書の赤い?マークを指さしなさい。
一緒に読みます。
「木を空気に触れさせないで熱したら、何も変化しないのだろうか」
今読んだ文をノートに書き、枠で囲みなさい。
    
★女の子が何か言っています。○○さん、読んでごらんなさい。
「空気のないところで熱しても何も変わらないと思う」

★男の子も何か言っています。○○君、読んでごらんなさい。
「空気に触れなくても熱するだけで変化するかもしれない」

発問1:

あなたの考えはどちらに近いですか。 近い方の考えをノートに書きなさい。 

学年のはじめであるから、予想はこの程度である。
前年度から鍛えた学級の場合は別であるが。
どちらの考えが多いか、挙手させて確認する。

指示2:

教科書「実験4」の図を指で押さえなさい。
必要なものを持って行って、準備をしなさい。
準備ができたら先生を呼びなさい。
「合格」といわれないうちに実験を始めてはいけません。
準備をするのですよ。では、始め。

※用具がそろっているか確認。
とくに忘れやすいのが「もえさし入れ」「るつぼばさみ」

実験図を書かせて「書いたものだけ貸してあげる」システムはもう少し後で導入する予定。

指示3:

○班、合格。では始め。

※ けむりが出た班には「マッチの火を近づける」ように指示する。
※ 途中経過で「わかったこと・気づいたこと・思ったこと」は箇条書きさせる。(これは日常的指導である)
   数分間、十分に加熱しけむりが出なくなったら終わり。
   火を消す。まだ熱いのですぐにアルミホイルを開かせてはいけない。

発問2:

アルミホイルの中のわりばしに変化は起きているだろうか?
そうっとホイルを開きなさい。

※ わりばしは、真っ黒い炭に変化している。
  ここまで、「分かったこと・気づいたこと・思ったこと」をノートに書かせる。 

発問3:

 実験問題は「木を空気に触れさせないで熱したら、何も変化しないのだろうか」
 ということでした。
 ズバリひとことでこの問題に答えなさい。

「木を空気に触れさせないで熱しても変化は起きる。」
「割り箸は炭に変化する」が模範解答。   

発問4:

割り箸は炭に変化しました。この炭は燃えるでしょうか。

るつぼばさみで挟んで、アルコールランプ等で加熱する。

発問5:

炭の燃え方と、割り箸の燃え方はどこが違いますか。

炭は炎を出さないで燃え、割り箸は炎を出して燃える。

次の手順
1 次のことを確認する。「炭に変化する途中で出た煙は炎を出して燃えた。」
2 できたら、教師実験で次のことをする。
 フラスコなどガラスの容器に割り箸を入れてゴム栓をする。ゴム栓には穴を開けてガラス管を通しておく
 フラスコを加熱すると、木が炭に変わるのが見える。また、煙がガラス管から吹き出す。
3 この煙に火をつけると燃える。

このことを通して、木を熱すると燃える気体を出して炭になる。木が燃えるときに炎が出るのは熱せられた木から出た気体が燃えるからであるということを納得させる。 

- (C)TOSS Makoto Ohori All right reserved. - 

このサイトはリンクフリーではありません。リンクについてはお問い合わせください

TOSS(登録商標第4324345号)、インターネットランド(登録商標4468327号)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド