TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/12/10 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1132147 更新:2013年01月02日

蛹の糸が切れてしまったら・・・     


蛹は胸部の糸2点とおしりの1点、合計3点でしっかりと支えられている。

しかし、モンシロチョウを飼育していると、蛹の糸がよく切れてしまう。

そのままにしておくと、蝶になる時(羽化の時)失敗する確率が高くなる。

蛹を押さえているものがなくなるので、蝶がうまく蛹から抜け出せなくなるのである。

ですから、糸のように蛹を固定してあげる必要がある。

糸の代用として、ボンドを使用する。     

これで羽化の時、失敗する確率が低くなるのである。

①カッターやはさみで完全に蛹の糸を切る

______
______

②色画用紙にボンドをつける

______

基本は、おしりと胸の2点。

モンシロチョウなど小さい蛹は胸の1点で十分である。

③蛹をボンドにおくように張り付ける(蛹の胸の部分をしっかり固定させる)

______

④色画用紙ごと黒板などに張り付ける

______

ノリつきの付箋などに蛹になった日付を書いておくとよい。
どのくらいで羽化するのか?といった科学的思考が育ち、観察の時役立つ。
親しみをこめて、幼虫の時に名前をつけさせて、名前と日づけという場合もある。

私は観察しやすいように、わざと糸を切って色画用紙ごと黒板に張り付ける。

_____7

☆色画用紙よりもフェルトや布を使うと蝶の足場になるのでおすすめ!!

(詳しくは、 感動!子どもたちに蝶の羽化を見せる方法 をご覧ください。)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド