TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/12/15 現在)

21575
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9975099 更新:2013年01月01日

日露戦争を、地政学を絡めて理解させる。


ロシアを地図で確認する。
冬のロシアの港の写真を提示する。

発問1:

これでは不便です。なぜですか。

港が凍っている。

説明1:

そのため、ロシアは常に一年中使える港を求めていました。

指示1:

「不凍港」みんなで言いましょう。

発問2:

そのために、ロシアは東西南北どの方向に進めばよいですか。

温かい方角なので、南となる。
地図を南北逆転させる。
東アジアをクローズアップする。

発問3:

ロシアが太平洋に向かって進出する時、どうしても邪魔になる国があります。どこの国ですか。

日本
教科書を出させる。

発問4:

こうして始まった戦争を何といいますか。教科書から読み取ってノートに書きましょう。

当時の風刺画(ボクシングをする日本とロシア)を提示する。

発問5:

日本はどこにいますか。

発問6:

ロシアはどこにいますか。

発問7:

どちらが勝つと思われていましたか。

ロシア
ここで、日本とロシアの兵力比を提示する。
日本・・・陸軍50万人、海軍約26万トン
ロシア・・・陸軍300万人、海軍約51万トン
別の風刺画を提示する。(火中の栗を拾おうとする日本)

発問8:

しかし、日本には味方がいました。どこの国ですか。

「米」「英」と書かれているので、アメリカとイギリスだと分かる。
ここで、日英同盟の存在を確認してもよい。

説明2:

イギリスやアメリカの助けもあって、日本は予想外に粘ります。怒ったロシア帝国皇帝・ニコライ2世は、日本にとどめを刺すため、世界最強とも言われたバルチック艦隊を派遣しました。

バルチック艦隊の航行ルートを示す。

発問9:

もっと近道があります。どこでしょう。

スエズ運河を通るルート

説明3:

スエズ運河は、イギリスが支配していました。

発問10:

イギリスは日本とロシアのどちらの味方ですか。

日本
もう一度、日英同盟を確認してもよい。

説明4:

バルチック艦隊はヘトヘトになって日本にやってきました。一方の日本は、十分に訓練と休養をとってロシアを待ち受けました。

発問11:

こうして行われた戦いを何といいますか。教科書から探して線をひきなさい。

日本海海戦

説明5:

これが決定的となりました。アメリカの勧めもあり、日本とロシアは講和を結びます。

発問12:

こうして結ばれた条約を何といいますか。教科書から探してノートに書きなさい。

ポーツマス条約

最後に、孫文 (中国 )、ネルー (インド )、ムスタファ= ケマル(トルコ )のエピソードを話して授業を終える。
孫文 「アジアの全民族は、大きな驚と喜びを感じても希望抱いたのであります。」
ネル ー「日本の勝利は私の心を沸き立たせ、新しい情報を見るため毎日新聞を待ち焦が れた。 」
ムスタファ ムスタファ =ケマル「 私が言いたいのはただ一つ、日本人達よ、ありがとうということだ。」


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド