TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/23 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2230082 更新:2013年01月01日

むし歯予防集会「お口の中の天気予報」


6月4日は「むし歯予防デー」。
6月いっぱいを「歯の健康づくり強化月間」とし,様々な取組を行った。
その中のひとつが保健委員会による集会発表である。
楽しい発表を通して,「ていねいなブラッシングの大切さ」を全校児童へ伝えた。
準備・練習は,2回の委員会活動の時間と昼休み(5日前から少しずつ)を利用して行った。

時間:全校朝会(5分間)
対象者:全児童
準備物:保健室のスクリーン(テレビ画面に見立てる),段ボールで作った大きな歯と歯ブラシ,
      衣装・角・ヤリ(ミュータンス用),白い布で作ったマント,むし歯地図(口の中の絵),
      長机2,パイプいす2,白衣,キーボード,マイク2,名札(B4色上質紙半分に記入),
      掲示物(歯型に切った画用紙に「む」「し」「歯」「予」「防」「月」「間」と一文字ずつ書いたもの)

配役:1 ニュースキャスター(2名)
    2 レポーター(1名)
    3 ミュータンス(2名)
    4 ハミガキマン(2名)
    5 博士(1名)
    6 幕引き・音楽担当(1名) 

黒いビニル袋を切ったもの

Isyou1

(ミュータンス用)
カチューシャを使った角

Tuno2

(ミュータンス用)
ヤリ

Kuroiyari3

(ハミガキマン用)
手作りマント

Manto1

(ニュースキャスター提示用)
むし歯地図

Musibachizu

開くと・・・

Musibachizu2

委員長:「今から,むし歯予防集会をはじめます。保健委員会による劇をごらんください。」

礼はきちんとする。

委員長(音楽担当):チャイムの音(ド・ミ・ソ・ド~♪)

1 スタジオの場面

ニュースキャスター:「S・I・N・W・A(エス・アイ・エヌ・ダブリュウ・エイ)放送,ニュースの時間です。」
              「まず,はじめに,『お口の中の天気予報』をお伝えします。」 

語尾まではっきりと明るい声で読む。

ニュースキャスター:「こちらの図をごらんください。」

「むし歯地図」を提示する。

ニュースキャスター:「ただいま,『むし歯注意報』が出ております。
              『おく歯』には,なんと!『むし歯警報』が出ているもようです。」

あわてた感じで読む。

ニュースキャスター:「それではここで,現場の○○さんを読んでみましょう。○○さ~ん!」

幕の係は,ステージの幕を開ける。

2 口の中の場面
 
ミュータンスはステージの左右で準備。                  
レポーターは,ステージ左そでから中央にすばやく出てくる。

レポーター:「は~い!現場の○○です。今,口の中に来ています。」
         「今,まさに,むし歯がつくられようとしているところです。さっそくミュータンスにインタビューしてみましょう。」

ミュータンスの方に近寄って,マイクを向ける。
ミュータンスは,ヤリで歯を攻撃。 

レポーター:「歯の様子はいかがですか?」

ミュータンス1:「この歯は,むし歯をつくるのに,とっても都合のいい歯ですね~。ウッヒッヒッヒッヒ~。」

もう一方のミュータンスの方に近寄り,マイクを向ける。

レポーター:「それは,なぜですか?」

ミュータンス2:「ごはんを食べた後,歯みがきをしていないからです。
         また,よく噛んで食べていないから,だ液がしっかり出ていないのです。」
 
レポーター:「そうなんですかー。」

 レポーターは移動。

ミュータンス2:「だから,私たちミュータンスにとっては,むし歯をつくるのにとっても都合がいいんですよ。」

レポーター:「そうでしたか。」
        「ひどいむし歯がたくさんできそうな現場からお伝えしました。」

幕の係は,ステージの幕を閉める。 

3 スタジオの場面(その2) 

ニュースキャスター:「むし歯にならないようにするために,何か,いい方法はないのでしょうか?」

ニュースキャスター:「今日は,ゲストをお招きしていますので,聞いてみましょう。」
              「歯の博士です。どうぞ!」

博士が登場する方を手で示す。               
博士は,ゆっくりとにこやかに登場して,椅子に座る。

博士:「こんにちは!私は歯の博士です。」
 
ニュースキャスター:「○○博士,さっそくですが,むし歯にならない方法を教えていただけないでしょうか?」

博士の方を見て言う。

博士:「はい,むし歯にならないために大事なことが3つあります。」

3本指で「3」を示しながら言う。

博士:「まず,一つ目は,『食事のときによくかむ』ことです。しっかりかめば,つばがたくさん出て,
    口の中を洗い流すことができます。」

指で「1」を示しながら言う。 

博士:「二つ目は,『食べたらみがく』ということです。」
    「食べカスは,ミュータンスのえさになってしまうので,一本一本ていねいにみがき,食べカスを取り除きましょう。」

指で「2」を示しながら言う。

博士:「三つ目は,『ダラダラと食べ続けない』ということです。」

指で「3」を示しながら言う。 

ニュースキャスター:「そうなんですね。私たちも今日からさっそく気をつけようと思います。」
             「お~っと!ここで,現場に動きがあったようです。再び,現場の○○さんを呼んでみましょう。○○さ~ん!」

幕の係は,ステージの幕を開ける。

4 口の中の場面(その2)
 
ミュータンスはステージ上で元気なさそうに立っておく。 
レポーターは,ステージ左そでから中央に素早く出てくる。

レポーター:「は~い!現場の○○です。先ほどまで元気のよかったミュータンスでしたが,今ではすっかり弱っています。
       いったい,何が起こったのでしょうか。」

   

ハミガキマン(2人)は,ステージ両側からすばやく出て来る。

ハミガキマン1・2:「わたしたちは,ハミガキマ~ン!。」

ポーズをとりながら元気よく言う。 (ハミガキマンは,マイクなしで)

ハミガキマン1:「大切な歯を守る正義の味方!」

ハミガキマン2:「1本1本ていねいにみがいて,ミュータンスから歯を守ります。」
         
ハミアキマン1・2:「ゴシッゴシッ,ゴシッゴシッ。」

ハミガキマンは,大型歯ブラシでみがく動作をする。
レポーターは,ステージ右側によけておく。

ハミガキマン1:「前歯は『たてみがき』ゴシッゴシッ,ゴシッゴシッ。」
                           
ハミガキマン2:「奥歯は横から歯ブラシを入れて,ゴシッゴシッ,ゴシッゴシッ。」

レポーター:「お~っと!ついにミュータンスが倒れました。スタジオにお返しします。」

ミュータンスはその場に倒れ込む。

5 スタジオの場面(その3)

ニュースキャスター:「○○博士,もう大丈夫でしょうか?」

博士:「いえいえ,決して油断はできませんよ。ミュータンスは,すぐに元気になりますからね。」
                        
ニュースキャスター:「そうですか,やっぱり,朝・昼・晩はしっかりみがくことが大事なんですね。」

ニュースキャスター:「○○博士,今日は,どうもありがとうございました。」

ニュースキャスター:「それでは,コマーシャル!」

保健委員は,すばやくステージ下に並ぶ。

6 コマーシャル(歌)の場面 

音楽担当は,みんなが並んだのを確認し,伴奏を始める。
曲は
♪音楽CD「おもしろ健康百歌」(株)C・オーグメントより 
 V0l.7『みがいて みがいて 歯・歯・歯』 作詞:荘川小保健委員会/作曲:こんどうひろあき/編曲:亀川浩未
            

7 役の紹介とあいさつ  
 歌が終わったら,向かって左側から順番に,一歩前に出て挨拶する。(役名と名前を言い,礼をする。)

「ミュータンス役をした○○です」
「レポーター役をした○○です」
「ニュースキャスター役をした○○です」 
「博士役をした○○です」
「ハミガキマン役をした○○です」
「幕と音楽担当をした○○です」

委員長:「これで,保健委員会の発表を終わります。」

本番終了後は,発表時の写真をプリントアウトし昼休みには子どもたちに渡した。
一人ひとりをしっかりほめた。
家に帰って保護者の方に写真を見せ,話をするように伝えた。
また,「反省・感想」を台本に書いてくるよう指示した。

その後のほけんだよりには,集会時の写真を載せ,振り返ることができるようにした。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド