TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/12/05 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6626702 更新:2013年01月01日

プレルボ-ル 1時間目


説明1:

今日からプレルボ-ルを学習します。高学年では、ソフトバレボ-ルにつながる運動です。
技能が上達すれば、バレ-ボ-ルのように、レシ-ブ、トス、アタックの三段攻撃を行うことができます。

説明2:

今日は、基本のパス練習から始め、最後には、3人VS3人でためしのゲ-ムをします。

準備  ソフトバレ-ボ-ル(3人につき1個用意)、コ-トは、バドミントンコ-ト。2チ-ムで、バドミントンコ-トが1つ使えると良い。カラ-コ-ンは、コ-ト数×2個、ネットの代わりのゴムバンドは、コ-トにつき1本。ゴムバンドの端は、目玉クリップに縛る。カラ-コ-ンの穴のところに、目玉クリップをはさみ、布製のガムテ-プで留めて、固定する。ゴムバンドの高さは、カラ-コ-ンの上の辺りになり、床上およそ40cmぐらい。バドミントンコ-トのネットを張る代わりに、カラ-コ-ンを置くと、ゴムバンドがネット代わりになる。 得点板。

指示1:

3人1組を作り、座ります。

指示2:

見本です。あとでやってもらいます。2対1。(教師対児童2人)

指示3:

①投げてバウンドしたボ-ルをキャッチ。 3人で合計 10回やったら、座ります。起立、始め。 

指示4:

②ボ-ルをキャッチしてパス。10回やったら、座ります。始め。 

説明3:

プレルというのは「こぶし」という意味です。最初は、平手でも構いません。また、片手でなく、両手でも構いません。

指示5:

慣れるまでは、一度キャッチしてから、プレルします。
③キャッチしてからプレル。始め。

指示6:

④すぐにプレル。始め。 
   

発問1:

意外と難しいですね。すぐにプレルするために大切なことは何でしょうか?

ボ-ルをよく見る。

説明4:

ボ-ルをよく見ることも大切です。
すぐにプレルするためには、ボ-ルの正面に走りこんで打つことがポイントです。

指示7:

ボ-ルの正面に走りこんで打ちましょう。すぐにプレル 10回 始め。

説明5:

集合。上手になりました。
次は、基本のキャッチ、プレル、アタックの練習です。(フラフ-プを自分のコ-トに置く)

説明6:

見本です。二人が自分のコ-ト、一人が相手コ-トに入ります。
一人がキャッチ、プレル。次の人がキャッチ、プレル。自分のコ-トでワンバウンドさせてから、相手コ-トに入れます。
自分のコ-トに置いたフラフ-プの中をめがけて、アタック、バウントさせます。

指示8:

3回したら、ポジョンを交代します。始め。

説明7:

次に、ゲ-ムを行うために、ル-ルを説明します。 
①サ-ブは,相手コ-トに直接投げ入れる。
②味方にパスするときは,ワンバウンドさせる。
③ボ-ルをキャッチしてから,プレルしてもよい。
④2バウンドしたり,2回ボ-ルをもったり,自分のコ-トにワンバウンドさせなかったりしたら、相手の得点になる。

指示9:

ためしのゲ-ムをやります。時間は4分間です。あとで、感想を聞きます。困ったことがあれば、そのときに話して下さい。どちらのボ-ルがわからないときは、今日は、じゃんけんして決めます。始め。

教師は、各コ-トを回り、良い動きをしている子を褒める。また、ル-ルがわからなくて困っている場面を見つけたら、説明する。

指示10:

試合に勝ったチ-ムは、カラ-コ-ンとボ-ルをこちらに運びます。集合。

発問2:

ためしのゲ-ムをして、困ったことはありませんか。

・ラリ-が続かない。
・今、攻撃の何回目か、わからなくなる。

発問3:

ラリ-が続くと、楽しいですね。どうしたら、ラリ-が続きますか。

・声をかける。自分がとるときは、「はい」と言う。相手にとってほしいときは、「お願い」と言う。
・作戦を立てる。

説明8:

そうですね。次の時間からは、作戦を立てて、練習したり、ゲ-ムしたりします。

説明9:

今の攻撃が何回目なのか、わからなくなるという感想が出ました。
これに対しては、声を出して数えるといいですね。
「ワン、ツ-、プレル」と数えます。

指示11:

一緒に言ってみましょう。「ワン、ツ-、プレル」

「ワン、ツ-、プレル」

指示12:

次の時間は、「ワン、ツ-、プレル」を活かして、3回で相手に返せるように練習していきましょう。

ためしのゲ-ムの様子を見て、2時間目からは、教師がプレルボ-ル用のチ-ムを作る。1チ-ムは基本3人。4人のところができたら、交代でゲ-ムに出る。兄弟チ-ムを作り、一緒に練習したり、試合の時に応援したりすると良い。

2時間目以降、ラリ-が続くようになったら、子どもたちと相談して、ル-ルを変えていきます。
例えば、バレ-ボ-ルのように、3回で返すようにします。
<課題> 3回で相手に返せるように、作戦を立てて、練習し、ゲ-ムをしよう
<ル-ルの工夫> 3人がボ-ルにさわって,相手コ-トにボ-ルを返して,決まると3点。2人なら2点,1回で返して決まったら1点。
得点した人は、得点板に得点を入れます。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド