TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/17 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9504808 更新:2012年12月31日

1  分数をかける計算


1  分数をかける計算

【1】 ノートに「2 分数のかけ算」と書きなさい。
【2】 日付・ページが書いてある人?よーし。
    (いつも初めから指示するのではなく、途中でチェックするのも変化がある。)
【3】 問題を読みます。(一度読んだ後)算数の勉強ができるためには、しっかり読めなくては
    いけません。問題文が読めなくては問題が解けるはずがありません。
    もう一度、さんはい。

【4】 ☆の1番。どんな式を書けばよいでしょうか。そのすぐ下、四角の中に言葉が書いてある
   式があります。指さしてごらんなさい。いっしょに読もう、さんはい。
【5】 その式をノートに1行で、そっくりそのまま写します。線はミニ定規を使います。
    四角の線はこのように、1行に1本書きます。
    (例示)つまり、3行で四角を1つ書くのです。
   (ゆったりしたノート指導。罫線の上に線を書くと、四角が窮屈になる感じ。
    3行使ってゆったりと四角枠を書かせたい。)
【6】 書けたらもっていらっしゃい。(3行使って四角を書くことは、下位の子どもにとって
    とても難しいこと。要チェック。)
【7】 今書いた言葉の式の下にそろえて、数字の式を書きなさい。(縦線省略)

     ________        ________      _______
 (板書) 1dlでぬれる面積    ×   使う量(単位 dl)  =   ぬれる面積
      ________        ________      _______
            
             4             2                    
    式      ___     ×    ___
          
             5             3

【8】 書けた人は持っていらっしゃい。
   正答の子に板書してもらう。 1名「=」まで書いていたので「よい間違いだ」と板書して
   もらい、=の両方は同じ、という意味なので、=で終わっては間違いと話す。
    教科書のえんぴつマークの四角の中にも、式を書きなさい。

【9】 7ページ下から5行目「使う量が・・・」をいっしょに読みます。
   (教科書のまとめ・説明は読ませるのみ。)

【10】 はてなマーク。計算の仕方を考えましょう。
    次のページ。上の2行を読みましょう。(2回読む。)
【11】 ☆の1。「3分の1デシリットルでぬれる面積は、何平方㍍ですか。」
     3分の1デシリットルでぬれる面積は、すぐ横の図の、濃く青い所です。
     指さしてごらんなさい。 となりの人と確認します。
【12】 その濃く青い所の面積を求める式をノートに書きなさい。
【13】 書けた人?(指名「5分の4÷3です。」)
     この式はとっても簡単だよね。どうしてですか?
    「教科書に書いてあるからです。」指さしてごらん。
     そこに書いてあるのが分かっていた人?
    すごいなあ。丸をつけなさい。
    書いてなかった人は教科書を見て書いてから丸をつけなさい。

【14】 ☆の2。「3分の2デシリットルでぬれる面積は、何平方㍍ですか。」
     3分の2デシリットルでぬれる面積は、すぐ横の図の、濃く青い所です。
     指さしてごらんなさい。 となりの人と確認します。
【15】 その濃く青い所の面積を求める式をノートに書きなさい。
     (☆1から変化のある繰り返しになっている。)
【16】 (指名)「(5分の4÷3)×2です。」その通り!できた人?(全員)
     この問題も簡単だよね。○○ちゃん、なぜですか?
     「教科書に書いてあるからです。」その通り。賢いなあ。二重丸◎をつけましょう。

【17】 もう一度、一番上の2行を読んでみよう。
    (分数のかけ算の仕組みを説明したい誘惑に負けない。
     図を使って説明しても、教師が説明すればするほど子どもはわからなくなる。
     いっそ扱わないで 先にいこうかとも思ったが、教科書の説明と図を読んで指さす
     程度にサラリと扱うことにした。 最後にもう1回初めの説明に戻らせて読ませてみた。
     ただし、テンポよくやらないとだれる。 )

【18】 その下の式を読んでみましょう。(答え□平方㍍まで読ませる。)
【19】 □の中に数字を入れなさい。
【21】 みんなで読んでみよう。そう!そのように書けた人?それぞれの□に1つずつ○をつけよう。
    (小さな ことのようだが、○1つと○6つでは全然違う。)

【22】 その下。びっくりマークを読みましょう。abcの式も読みます。
【23】 abcdの式をそっくりそのままノートに写しなさい。(基本型を写す)
    (教師も板書)
【24】 早く書けた人はいっしょに読んで見よう。(時間調整)
【25】 abcdの式の下に=をそろえて□分の□と加えなさい。(基本型の追加)
【26】 今書いたabcdの式とそっくり同じようにして、5分の4×3分の2の計算をやって
     ごらんなさい。
     ミニ定規を使ってなければ書き直し。
     =がそろってなければ書き直しですよ。
     書けたら見せにいらっしゃい。

【27】 (個別チェック)できた人は教科書①の問題をやります。
【28】 ①の(2)ができたら持っていらっしゃい。(個別チェック2回目)
【29】 早く終わった子8名に板書させる。
【30】 板書した子に読ませる。花丸。「まだの人は黒板を参考にしなさい。」
【31】 残り2分。『あかねこ計算スキル』の時間がなくなる。まだまだ、余分なことをしていたり、
    テンポがよくないのだろう。
    向山氏はしばしば『スキル』をしてなお5分ほど早く授業を終えたという。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド