TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/22 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9553711 更新:2013年01月01日

学級通信・ほんの少しの努力を続けること


 子ども達に努力のことについて話をしました。
 宿題の量は、最低限のものです。
 もちろん、これをこなすだけでも現時点では充分です。
 しかし、与えられた以上の努力をすることも大切なことです。
 よく、「人の2倍努力をしなさい」と言うことがあります。
 ですが、人の2倍の努力を続けることはとても大変です。
 これが、1.1倍の努力なら可能だと思います。
 「努力はかけ算」と言われます。
 毎日、「1.1倍の努力」を続けます。
 数字の上では次のようになります。

 1日目  1×1.1=1.1
 2日目  1.1×1.1=1.21
 3日目  1.21×1.1=1.331
 4日目  1.331×1.1=1.4641

 これが2倍を超えるのは、「8日目」になります。
 もちろん、数字の上のことですから実際とは異なるかと思います。
 しかし、「8日の努力」で2倍を越えると思えると、私は嬉しい気がします。
 1.1倍の努力には、例えば次のようなものがあります。

 ①その日に習った算数の教科書のページをもう1回自学ノートにする。

 これはそれほど時間がかからずできます。
 さらに、教科書は大切なポイントが掲載されている優れたものです。
 もう一度復習することで、算数の基礎基本を定着することができます。
 また、次のようなものもあります。

 ②日記を1ページ以上書く
 ③漢字をもう1ページ多めにする  など

 もちろん、これ以外にも多数あります。
 目安があります。

 100日以上続けること

「100しなさい」「100回しなさい」と言うように、100という数字には、何か意味があると思うのです。
 努力し始めの頃。最初は微々たる成長です。
 しかし、100日を越えるあたりから爆発的な成長が訪れます。
 ほんの少し多めの努力でいいのです。
 そういう子が増えることを願っています。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド