TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/13 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3198472 更新:2013年01月01日

特別支援学級適と診断されている子が普通学級でテストを受ける場合の配慮


発問1:

普通学級に在籍している特別支援学級適と診断されている子に、どのようにテストを受けさせたらよいでしょうか。

何年生ですか?

4年生です。女の子です。

自力で解いているのですか?

できる問題は自分で解かせています。初めはそのまま点数を付けて渡していましたが、そのうち、女の子はテストが嫌になってきました。

それでどのように対応しましたか?

今はヒントを挙げて満点にして返しています。「もっとテストをやりたい」「満点が取れて良かった」と感想を話しています。自分で解ける問題も増えてきました。保護者の方には、自信を付けるため、ヒントを与えてテストをしていますと了承を得ています。
しかし、自分としてはこのままのテストの方法でいいか悩んでいます。

説明1:

それでいいと思います。
私も赤で書いてあげてテストをしました。
かけ算九九ができない子には、かけ算九九表を渡します。

説明2:

向山先生のQAの中にあったのは、時間がなくて終われない子どもをどうしますか、といったQがあった時に、
「いいんじゃない。そのまま休み時間にやってもいいし、それでもできなかったら、おうちに持って行ってやってらっしゃい。」
という形でうちに持って帰って、やってきて、というテストのやらせ方というのもあるんですよね。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド