TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/19 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8036410 更新:2013年01月01日

連絡帳をいつ、どのように書かせるか


いつ書かせるか

私の学級では、

給食の後に連絡帳を書かせている。

この時間に書かせると、授業の時間に書かせなくて済むからだ。
ただしこの方法だと、保護者からの連絡がないか朝に連絡帳を提出させて、
それを見たら返却し、連絡帳を書かせて再度提出させるようになるので、二度手間となる。

二度手間が嫌な場合は、

朝の会、もしくは一時間目に連絡帳を書かせるとよい。

朝来ても連絡帳を出さずに、朝の会、もしくは一時間目に明日の連絡を書かせる。
そして、提出させる。すると、子どもが書いた明日の連絡と、保護者からの連絡を一度で見ることができる。
どちらの時間で書かせるのかは、子どもの実態や教師のやりやすさで決めるとよい。

どのように書かせるか

私の学級では、一・二学期は黒板に予定を書いてそれを写させている。

つまり視写だ。

丁寧に字を書くことを身に付けさせたいので、そうしている。

三学期になり、丁寧に字を書くことが完全に定着したら、聴写を行うようにしている。

聴写で行うことによって、聞いたことをメモする力が高まる。
これは討論を行う際にも大事なスキルであるため、本格的に討論を行う三学期に聴写を行うようにしている。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド