TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/12/10 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7660246 更新:2013年01月01日

みんな大きな声で歌うようになる!「歌のテスト」の指導


「歌のテスト」を別室に呼んで指導している先生がいる。
このようにしているクラスでは、子ども達は大きな声で歌うようにはならない。
子ども達が大きな声で歌うようになるためには、

①みんなの前で1人ずつ歌うこと
②個別評定を行うこと

が必要である。

「歌のテスト」を行うときは、次のように指導する。

説明1:

「歌のテスト」をします。
評定の基準を言います。
①声の大きさ・・・3点
②音程・・・2点
合計5点満点で評定します。3点以上が合格です。

最初に、評定の基準を伝えることで、子ども達が何をがんばればいいのか、見通しを持たせておく。
大切なことは、「3点以上が合格」であることである。
音程がはずれていても、大きな声で歌えていたら合格になるのである。
これで、どの子もやる気になる。

指示1:

教科書を持って、全員後ろに行きなさい。

全員を後ろに行かせて、座らせる。

指示2:

テストを受けたい人は、その場で立ちなさい。
では、自信のない人、どうぞ。

最初に指名するのは、やんちゃ坊主である。
最初は、厳しめに点数を付ける。不合格でよい。
1人2人不合格になると、子ども達の中に緊張感が走る。「大きな声で歌わなければいけない」という雰囲気を作る。

さて、しばらくすると、合格者が出る。

合格した人から、自分の席に戻ってよい

ことにする。
どの子も、最後に残りたくはない。だから、早めに立候補して、大きな声で歌おうとする。
子ども達の声は、どんどん大きくなる。

この「歌のテスト」は、学期末に1回だけ行うわけではない。

学期の間に、何度も何度も行う

のである。
何度も「歌のテスト」を行うことで、子ども達の歌唱力をつけていくのである。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド