TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/19 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3759336 更新:2012年12月31日

授業のつかみの原則と具体例


授業開始のつかみに限定した研修をしていくといくつかの原則らしきものが見えてくるようになる。
私は、次のようにまとめてみた。

①原則1:褒めてスタート
②原則2:安定したスタート
③原則3:得意な作業でスタート

これが一年目の仕事と言えるだろう。
次からは、ずっと見通しがつくようになる。この原則から対応策を考えればいいからだ。

私の実践の中から授業開始のつかみのうまくいった例を以下に紹介する。
①毎時間漢字スキルでスタートする。
②算数は、教科書通りに進める。
③次の時間の授業内容を教えておく。
④腕相撲で始める。
⑤一時に一事を変化させる。
⑥赤鉛筆で薄く書いておく。
⑦フラッシュカードで始める。
⑧五色百人一首で始める。
⑨授業内容を知らせる。
⑩時間割を変更しない。
⑪いきなり始める。
⑫動かす。
⑬名前を呼び質問する。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド