TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/19 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1090719 更新:2013年01月01日

遺伝子(歯のつくり)から始める食育


1 遺伝子

説明1:

分厚いステーキ肉にかぶりつきたい、キリン。(キリンとステーキ肉を提示)
山盛りの野菜サラダをほおばりたい、ライオン。(ライオンとサラダを提示)
絵本の世界なら別ですが、現実には、ちょっと考えられません。

発問1:

キリンに草を食べさせ、ライオンに肉を食べさせるように設計している、その正体は何でしょう。
思いつくままノートに書いてみてください。

説明2:

答えは、遺伝子です。(遺伝子のモデル図を提示)
遺伝子は、親から子へ、子から孫へと伝えられる様々な性質の設計図です。

発問2:

遺伝子が設計しているものには、食べ物の他に、どんなものが考えられますか?
ノートに書いてみてください。

2 遺伝子と体のつくり

発問3:

食べる物に合った体のつくりも設計します。
たとえば爪です。
ライオンの爪はどちらでしょう。(キリンの蹄とライオンの爪を提示)

説明3:

肉食動物のライオンの爪は、猫のような爪です。
かぎ爪といいます。
草食動物のキリンの爪は、牛のような爪をしています。
ひづめといいます。

発問4:

自分の爪を見てみます。キリンの爪とライオンの爪の、どちらに似ていますか?

発問5:

今度は、食べるという行為ともっと関係の深い、「歯」を見てみます。
ライオンの歯は、どちらでしょう。(キリンの歯とライオンの歯を提示)

説明4:

獲物を捕らえるための犬歯が良く発達しています。ほかの歯も、鋭く尖った形をしています。
キリンの犬歯は、発達していません。
草や木を食い切る門歯や、草木をすりつぶす臼歯が、大きく頑丈になっています。

発問6:

自分の歯は、キリンの歯とライオンの歯の、どちらに似ていますか?(ヒトの歯を提示)

3 ヒトの歯のつくり

説明5:

これは、全人類共通の「歯」の構成図です。(構成図を提示)
ヒトの歯は、穀物をくだく臼歯が20本、野菜をちぎる門歯が8本、肉を食べる犬歯が4本です。
穀物や野菜を食べるキリンの歯が28本、肉を食べるライオンの歯が4本、人間の遺伝子は、キリンの歯7に対してライオンの歯を1の割合でつくりました。
肉類が穀物や野菜の七分の一になるような食事が、遺伝子の設計通りの食事であるということです。

4 遺伝子と寿命

発問7:

遺伝子の設計通りの食事をすると、とってもいいことがあります。何だと思いますか?

説明6:

遺伝子には、ヒトが何年ぐらい生きられるかという設計図も入っています。
遺伝子の研究者によると、120歳ぐらいではないかと言われています。
もちろん、遺伝子の設計に従った生活を送れば・・・の話です。
これから、「7:1」の食事や食事のとり方についてお勉強していきましょう。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド