TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/17 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1360549 更新:2013年01月01日

学級通信・筆箱の中身について


 学力の保障において、筆箱の中身は極めて重要です。
 勉強の伸びが左右されると言っても過言でないほどです。
 かつて担任してきた子ども達。

 勉強が出来る子には共通点がありました。

 筆箱の中身がシンプルであること。

 シンプルだからこそ、使いやすいのです。
 シンプルだからこそ、余計なことに気を取られず勉強に集中できるのです。
 また、サッと必要なものを出すこともできます。
 筆箱の中身をきちんとすることは、「勉強ができるようになる」ためのパスポートでもあるのです。
 お子様と、筆箱の中身を確認して下さい。筆箱の中身は、次の通りです。

 1.削ってあるBか2B以上の濃い鉛筆5本
 2.白いプラスチック製の消しゴム1、2個
 3.削ってある赤鉛筆1、2本(赤青鉛筆も可)
 4.ものさし(できれば、10cmのミニ定規)
 5.ネームペン
 6.蛍光ペン1本

1.削ってあるBか2B以上の濃い鉛筆5本
 できれば、濃い鉛筆をお願いします。
 濃い鉛筆で書くと、より立派な字になります。
 字の残像が残り、漢字等も覚えやすくなります。
 かつて担任した子で6Bを使っていた子もいました。
 そこまでとは言いませんが、濃い鉛筆が望ましいです。
2.白いプラスチック製の消しゴム1、2個
 消しゴムの機能で最も重視すべきは、「よく消えること」です。
 白いプラスチック製の消しゴムが最も適しています。
3.削ってある赤鉛筆1、2本
 赤鉛筆は、薄く書いたり濃く書いたりと、濃さの調節ができます。
 また、ノートの重要語句を囲んだ際、パッと浮き上がるように目立ちます。
 準備をお願いします。
 
 御家庭で準備をよろしくお願いします。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド