TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/05/28 現在)

21414
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ

制作者検索「高橋正和」の指導案・教材・コンテンツの検索結果

No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
7296050
木版画「じゃんけんぽん」7 彫りの仕上げ
印刷の前に大事な作業があります。版木表面のゴミをとることです。
高橋正和
2039968
子ども美術館「酒井式 遠近のある風景」
酒井式「遠近のある風景」の追試です。麦が空に向かって伸びています。学校周辺の春の風景を描きました。2001年福井市大東中学校1年生の作品です。
高橋正和
6452420
触感力でつくるそっくり野菜 制作編
粘土でそっくり野菜を作りましょう。大事なのは野菜に十二分に触れる体験をすることです。
高橋正和
5873005
チャイムがなっても準備が遅い子どもたちがぴたっと揃う指導
子どもがバラバラで図工室(美術室)に入ってくる。 チャイムが鳴っても入ってきた子はゆっくりと水入れに水を入れようと教室を立ち歩いている。全員が座るのを待っていると5分はたってしまう。こういうときにどうするか。迷ってはいけない。すぐに授業始めるのである。
高橋正和
1245013
木彫 基本は片切り彫り
木彫ではいろいろな彫りの技術が必要です。その中でも片切り彫りは基本中の基本といえます。片切り彫りができれば、木彫の制作は80%できます。
高橋正和
9845839
一版多色刷り版画 花火を「吹き散らし法」で表す
「吹き散らし方」は、息を吹きかけ、絵の具を飛び散らして表現する方法です。やってみると簡単そうで少し難しいので、中学生でも集中します。
高橋正和
4245380
学年主任の話シリーズ 1年生5月の集会
中学校の生活にも少し慣れてきた1年生に、自分の生活を振り返らせます。 1年生5月の集会で話す内容は、習慣について考えさせる内容です。
高橋正和
3474868
木版画 印刷のポイント
印刷は教師の腕の見せ所です。印刷の技術を知っている教師とそうでない教師とでは、仕上がりに雲泥の差が出ます。
高橋正和
1661416
木版画 墨入れのポイント
絵の黒白を決めておきます。大事なことは、黒のとなりが白になることです。
高橋正和
9818375
落書きを見つけたときの指導
落書きを予防するには、常にきれいな状態にしておくことである。きれいにしておけば、きれいな状態をほめることができるし、もとの状態に戻しておきなさいと言える。変化に気づくのも早い。もし、落書きや破損を発見した場合、法律から教える。最後は生徒の自主的な行動に訴える。 学年集会での指導場面である。
高橋正和
1790954
教務の仕事術 年間職員会議議事録一覧をつくる
教務主任になったら取り組む仕事。まず1年間の職員会議議事録一覧を作成しましょう。
高橋正和
1549628
子ども美術館「大の絵文字」
絵文字シリーズ。いろいろな「大」(だい・おお)を連想して絵文字にしました。2012年福井市明道中学校1年生の作品です。
高橋正和
9476927
子ども美術館「魔法使いの町」
魔法使いの町を描くことで,西洋の家の描き方が身につきます。全作品をクラスに貼り出すとひとつの大きな町に見えます。2009年福井市国見中学校1年生全員の作品です。教室に掲示した作品の写真は2010年福井市明道中学校1年生の作品です。
高橋正和
4297799
酒井式三刀流
1色に1本。複数の絵筆を両手に持って色をぬる。こうすることでいちいち絵筆を洗う面倒さから解放される。
高橋正和
9325755
いろいろなピクトグラム
いろいろなピクトグラムがあり、それが何を表しているかを、クイズを通して気づかせます。
高橋正和
8543335
導入で疑似体験をさせよう
子ども達は体験すると表現したいという意欲が高まる。絵を描かせる前に、体験や疑似体験の活動に取り組ませよう。
高橋正和
2732649
木版画 「じゃんけんぽん」1 下絵
描く対象物を手と顔に絞りました。 じゃんけんのポーズや、手と顔の配置を工夫することで多用な作品が生まれます。
高橋正和
4973770
学年主任の話シリーズ 2年生10月の集会 
2年生は難しい時期です。この時期に、上原春男先生のエピソードを通してマイナスをプラスに変えることの大切さを話します。
高橋正和
4157331
こども風土記をつくろう
生徒に地元についての感想を求めたところ「若い人が少ない」「店が少ない」「病院がない」などほとんどマイナスの視点ばかりで、地元地区を良しとする生徒はわずかに2名しかいなかった。将来、地域を背負っていく生徒が地域の良さを見つけることができないのでは、地域の発展を望むべきもない。風土記づくりを通して地域の良さを見つける授業である。地域の良さを見つける授業をつくるための参考にして頂きたい。
高橋正和
8791723
たらし込み技法の指導
古くは水墨画の技法です。水彩画にも使えます。色と色の混じり合いを利用した技法です。
高橋正和
1164584
木版画「じゃんけんぽん」6  主人公以外の人物の彫り
主人公以外の人物を彫るときの指導です。ここまでくると、あとは彫りの完成を待つばかりです。
高橋正和
5236626
子ども美術館「粘土で鬼の面を作ろう」
粘土で「あまめん」の面を作りました。あまめんとは福井市国見地区に伝わる伝説の怪物です。「なまはげ」と同じ類の伝説です。2004年福井市国見中学校1年生全員の作品です。
高橋正和
7905557
触感力で作るそっくり野菜 鑑賞編
粘土でそっくり野菜を作りましょう。「粘土体操」の後に、盲学校生徒の作品を鑑賞します。感動的な作品です。制作2時間、着色1時間の、計3時間の授業です。
高橋正和
3119791
グレーゾーンの子にもできる!絵の具の準備のさせ方
軽度発達障がいの子は準備と後始末が苦手。絵の具の用意をしても机の上も下もぐじゃぐじゃになってしまう。そういう子のための指導法である。
高橋正和
1241171
木彫 簡単にできる片切り彫り
片切り彫りは木彫の基本技能です。『基本は片切り彫り』で紹介した片切り彫りが難しいという人のために、よりかんたんな片切り彫りを紹介します。
高橋正和
1586726
「体育館」の描き方 中心からまわりへかこう
広い体育館も,手順を踏めば割合簡単に描くことができます。 第一に、まず始点となる物を描き、そこから隣りのものをひとつずつ描き加えていきます。
高橋正和
1941334
学年主任の話シリーズ 1年生6月の集会 
どの学年のいつの集会でもいいのですが、交通安全について考えさせるための話です。『大きい車、どけてちょうだい』というこの話は、実際に交通事故で命を奪われた子さんの保護者が書かれたお手紙がもとになっています。TOSS福井の吉田高志先生から譲り受けた資料です。
高橋正和
9500357
酒井式「遠近のある風景」 遠景(家並み)を描くポイント 
酒井臣吾先生の『遠近のある風景』の追試です。 家を1件1件、となりへとなりへと描いていきます。
高橋正和
2192135
木版画 顔の彫り方
顔と手の彫り方です。教師が彫りの方法を教えますが、子どもたちの工夫もどんどん取り入れていきます。丸刀と切り出しの使い方を教えます。
高橋正和
9327441
子ども美術館「力の絵文字」
「力」(ちから・りき・りょく)からいろいろな言葉を連想して絵文字にしました。2011年福井市明道中学校1年生の作品です。
高橋正和
7536822
中学1年生 白銀の3日間
夏休みが終わり,2学期が始まる3日間に行う指導のポイントです。
高橋正和
1508963
木版画「アイロンをかけるぼく・わたし」
木版画は単純明快に主題が伝わるような画面が良い。 酒井臣吾先生の「シナリオ理科実験」と後藤秀司先生の「顕微鏡をのぞく友だち」(楽しい絵画教室NO5)を参考にした。
高橋正和
2554316
子ども美術館「酒井式 窓から見える風景」
酒井臣吾先生の「窓から見える風景」の追試です。 少し工夫して窓を描いた後、一件一件の家を描いていきます。2001年福井市成和中学校3年生の作品です。
高橋正和
7227617
人物画 顔の彩色の方法
顔を着色するときには鼻から彩色していきます。部分によって筆の太さを変えることがポイントです。
高橋正和
5782477
謝罪の言葉を教える
生徒に言葉遣いを教えるには,まず教師自身がそれを知っていなければならない。若い教師に話した内容である。
高橋正和
5657625
向山型図画で「神社」を描く
最初の一点から建物の部品(パーツ)を一つ一つ描いていきます。左右がいびつになりますが、それが個性を引き立てます。長野県の小林康宏先生との共同研究です
高橋正和
7317650
木版画「じゃんけんぽん」3 顔の彫り
顔を彫ります。 どの部分を残してどの部分を彫るか・・・というのは版画の大きな課題です。顔の中の各部分の彫り方の指導です。
高橋正和
3801251
学年主任の話シリーズ 3年生4月の集会 
3年生になった生徒に、進路の話をします。新井白石の『一粒の米』の例に、目標に向けてこつこつと努力することの大切さに気づかせる内容です。
高橋正和
4437519
木版画「じゃんけんぽん」 2  手の彫り
木版画のねらいは「平面を刃物で表現する学習」だと思います。日本独自の表現方法だといってよいでしょう。
高橋正和
6656139
「観光ポスター」神楽の描き方
伝統芸能を探して題材にしましょう。音あり、動きあり、ストーリーありで、子どもにとってイメージしやすい題材です。神楽は全国どこでもある題材です。今回は「神楽」を題材に、観光ポスターを描きました。
高橋正和
8594328
酒井式「円形 シャボン玉」の描き方
シャボン玉を中心に置き、人物をまわりに描いた「円形シャボン玉」はユニークな題材です。子どもが人物を描くとき、人物の配置が工夫しにくいことがあります。横並びや、前後ろの並び方に縛られるからです。「円形シャボン玉」は、このような縛りをなくし、より自由により工夫した配置で描くことができる題材です。その結果、人物の動きもまたより自由になります。 出典「酒井式エチュード&シナリオ厳選23」酒井臣吾著 127頁(明治図書)
高橋正和
3549033
彫塑「触感力でつくる鬼の面」のポイント
手の触覚だけで鬼の面を作ります。顔と髪,角を作るだけです。迫力のある鬼の面を作ることができます。
高橋正和
8784676
「風に飛ぶ風船」 3原色で色づくり
白い画用紙に色とりどりの風船を描きます。2時間で完成する題材です。3原色を使った色の混色の仕方、風船の配列の仕方、水彩絵の具の使い方など基礎基本を教えることができます。1学期の最初の授業におすすめの題材です。
高橋正和
9417757
工作 木材で船を作ろう
体全体で汗を流して取り組む工作の授業をしていただきたいのです。特にやんちゃな男の子は,こういう工作の授業が大好きです。6月に入ったらすぐに取り組みます。プール開きに間に合わせるためです。
高橋正和
3570559
子ども美術館「鳥の絵文字」
絵文字シリーズ。いろいろな「鳥」(とり・ちょう)を連想して絵文字にしました。2007年福井市越廼中学校1年生の作品です。
高橋正和
9769591
誰でも慎重にぬる酒井式着色法
鉛筆で描画したとき、子どもたちは着色する時、線からはみ出してしまういそうになる。「はみ出すな」と言わずに、慎重に着色させる効果抜群の指示なのである
高橋正和
1625014
学年主任の話シリーズ 1年生10月の集会 
入学して半年たつと、思春期の傾向が見られるようになります。思春期にはいろいろな特長がありますが、自分に劣等感を持つ子も出てきます。1年生10月の集会で話す内容は、自分の欠点を長所に考えようという内容です。
高橋正和
9666114
小中学校でできる「綱引き競技」指導計画
綱引き競技のやり方とルールがわかります。小規模校の小中学校合同の指導計画なので、そうでない学校は修正して使って下さい。
高橋正和
9468535
木版画 下絵を転写するポイント 
下絵を転写します。下絵の置き方を工夫すると動きのある絵になります。
高橋正和
6075928
子ども美術館「未来のぼく・わたし家」
グーグル・スケッチアップを使って作った未来の自分の家です。2010年福井市国見中学校3年生全員の作品です。
高橋正和
New TOSSランド