TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/08/15 現在)

21480
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ

タグ検索「荒れとの闘い」の指導案・教材・コンテンツの検索結果

No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
6641531
秩序ある学級に育てるコツ・荒れとの闘い編 アメ・ガムの持ち込みは怒鳴っても解決しない 
怒鳴っても問題は解決しない。「そうしてしまう心」に焦点を当て、毅然とした態度で“荒れ”と闘う気概が必要である。アメ・ガムを例に、その指導場面での語りを再現する。
染谷幸二
2320549
1年間の目標を漢字1文字で表す語り
3学期の始業式が「元旦」にあたる。この日、私は漢字1文字で1年間の目標をあらわし、1年間の見通しを持たせるようにしている。(推薦:TOSS中学) No.2320549 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari121.htm
染谷幸二
1638477
秩序ある学級に育てるコツ・生徒指導編 「いじめの芽」は机の上に表れる
教室がそこで過ごす生徒達にとって居心地の良い場所であってほしい。そのためには、「いじめ芽」を丁寧に、そして根気強く摘み取る作業を続けるしかない。その1つが、机の上である。ここを学級担任が管理する。そして、「なぜ、机の上にプリントが置かれたままではいけないのか?」を教えていく。こうした小さな積み重ねが、秩序ある学級に育てていくことになる。
染谷幸二
8440025
秩序ある学級に育てるコツ・忘れ物指導編3 「誰だって忘れ物をする」が指導の原点である
学級担任であれば、誰だって「秩序ある学級に育てたい」と思う。しかし、口で言うほど簡単ではない。その原因の多くは教師の側にある。教師の考えにブレがあっては、学級に秩序は育たない。教師の確かな信念が学級に落ち着きと優しさをもたらす。忘れ物指導を例に考えてみる。
染谷幸二
2320457
2学期初日 保護者から手紙にこたえる語り(1)
夏休みの様子を保護者の方に書いていただいている。忙しい時間をさいて書いていただいた手紙である。私は短いコメントを添えて学級通信で紹介している。(推薦:TOSS中学) No.2320457 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari820-1.htm
染谷幸二
9532748
秩序ある学級に育てるコツ・生徒指導編 プリントを「はい」と言って渡すことの趣旨を教える
教室がそこで過ごす生徒達にとって居心地の良い場所であってほしい。そのためには、「いじめ芽」を丁寧に、そして根気強く摘み取る作業を続けるしかない。その1つが、プリントの配り方である。ここを学級担任が管理する。そして、「なぜ、『はい』と言ってプリントを渡す方がいいのか?」を教えていく。こうした小さな積み重ねが、秩序ある学級に育てていくことになる。
染谷幸二
4597626
秩序ある学級に育てるコツ・夏休み明け編 「いじめの芽」を摘み取るための語り
中学校の場合、夏休み明けからが本当の勝負となる。1学期に積み上げたことがゼロに戻り、もう1度、気づき上げなければならないからだ。特に、「いじめの芽」を摘み取ることに意識を働かせなければならない。そんなときに有効な語りを紹介する。
染谷幸二
6061529
秩序ある学級に育てるコツ・給食指導編  学級経営案に明確に位置づけ、「卑しいマネはしない」を徹底する
給食は弱肉強食が最もあらわになる時間でもある。学級担任であれば、常に「弱い立場にある生徒」が伸び伸びと過ごせるような対策をとることが求められる。そのためには、学級担任である自分自身が揺れてはいけない。私の場合、学級経営案に明記することで方針を貫いている。それが「弱い立場にある生徒」を救う第一歩になると考えている。
染谷幸二
1281130
秩序ある学級に育てるコツ・忘れ物指導編5 忘れ物について、4月に伝えることが9点ある
学級担任であれば、誰だって「秩序ある学級に育てたい」と思う。しかし、口で言うほど簡単ではない。その原因の多くは教師の側にある。教師の考えにブレがあっては、学級に秩序は育たない。教師の確かな信念が学級に落ち着きと優しさをもたらす。忘れ物指導を例に考えてみる。
染谷幸二
9990350
秩序ある学級に育てるコツ・学級日記編 日記の返信を学級通信に綴って世論を共有する
小規模校に勤めていた時、『班日記』を学級経営の柱にしていた。生徒は20名、4つの班があった。班ごとにノートを渡し、輪番制で書いてもらった。毎日、日記を書くことは、書くことを苦手にしている男子には負荷が大きすぎると判断したからだ。小規模校はクラス替えがない。小学校入学から同じメンバーで過ごすことになる。閉塞した人間関係から脱却する価値ある実践となった。
染谷幸二
2320548
1年の折り返し、『凡時徹底』の意味を再確認する語り
『凡事徹底』という言葉がある。「小さなこと、誰でもできることをしっかりとやり通すこと」という意味である。学校生活を正常に機能させるためには、大切な視点だと思っている。(推薦:TOSS中学) No.2320548 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari930.htm
染谷幸二
6847774
秩序ある学級に育てるコツ・忘れ物指導編2 必要ないルールは、学級から秩序を奪っていく
学級担任であれば、誰だって「秩序ある学級に育てたい」と思う。しかし、口で言うほど簡単ではない。その原因の多くは教師の側にある。教師の考えにブレがあっては、学級に秩序は育たない。教師の確かな信念が学級に落ち着きと優しさをもたらす。忘れ物指導を例に考えてみる。
染谷幸二
2320447
陰で学校を支えてくれる人の存在を伝える語り
5分早く出勤してみてはいかがであろうか? 見えなかったこと、気がついていなかったことが、たくさん発見できる。朝の5分が、私にとっての語りのネタの宝庫である。(推薦:TOSS中学) No.2320447 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari1211.htm
染谷幸二
2320387
学級に秩序を育てる語り・靴箱指導の趣意を伝える
教師の指示が通る、秩序ある学級にを育てるための語りである。(推薦:TOSS中学) No.2320387 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari1006.htm
染谷幸二
2320450
生徒の作文から「気持ちの大切さ」を伝える語り
学期末、『成長した自分』という題で作文を書かせる。生徒の成長が生き生きと綴られた作文となる。生徒も保護者も、笑顔になる実践である。(推薦:TOSS中学) No.2320450 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari1216-1.htm
染谷幸二
5264727
秩序ある学級に育てるコツ・忘れ物指導編4 「誰だって忘れ物をする」と思っているから子供が不利にならない対策が立てられる
学級担任であれば、誰だって「秩序ある学級に育てたい」と思う。しかし、口で言うほど簡単ではない。その原因の多くは教師の側にある。教師の考えにブレがあっては、学級に秩序は育たない。教師の確かな信念が学級に落ち着きと優しさをもたらす。忘れ物指導を例に考えてみる。
染谷幸二
6326221
生徒の座席を教師が決める目的を伝える語り
学級がまとまるまで座席は私が指定することにしている。生徒にとって、座席は重大な関心事である。だからこそ、その目的は何度も語り続けなければならない。(推薦:TOSS中学) No.2320617 http://www.marimo.or.jp/~someya/gakkyuu-3.htm
染谷幸二
2320391
4連休後の朝学活、やる気を伝える語り
連休明けの生徒の表情は冴えないものです。「休みモード」から気持ちを切り替えて、学習に集中する雰囲気を朝学活で持たせたいと思い語りました。(推薦:TOSS中学) No.2320391 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari1014.htm
染谷幸二
8305971
秩序ある学級に育てるコツ・荒れとの闘い編 授業開始3分前に教室に入ることが「荒れ」を防ぐことになる
授業開始3分前に教室にはいるだけで、教師にも生徒にも余裕が生まれ、中学校にありがちな“力の指導”とは無縁の対応が可能になる。
染谷幸二
2320464
マラソン大会終了 その成功体験を体育祭につなげ語り
体育祭は、中学生の若いエネルギーがあふれる行事である。だからこそ、価値ある行事にしたい。マラソン大会の成果を、1週間後の体育祭につなげるための語りである。(推薦:TOSS中学) No.2320464 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari829.htm
染谷幸二
5556738
秩序ある学級に育てるコツ・忘れ物指導編1 まずは、事情を聞く
学級担任であれば、誰だって「秩序ある学級に育てたい」と思う。しかし、口で言うほど簡単ではない。その原因の多くは教師の側にある。教師の考えにブレがあっては、学級に秩序は育たない。教師の確かな信念が学級に落ち着きと優しさをもたらす。忘れ物指導を例に考えてみる。
染谷幸二
2320396
学校祭での成長を生徒の心に伝える語り
学級が1つにまとまる機会はそう多くはない。だからこそ、学校祭での成長を明日からの学校生活に生かしてほしいと願う。生徒の名前と具体的事例を通して伝えた語りである。(推薦:TOSS中学) No.2320396 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari1028.htm
染谷幸二
2320405
担任がいない時こそ、学級の力が試させていることを伝える語り
学級担任がいなくても、いつもと変わらない生活が営まれる学級。そういった学級が理想である。(推薦:TOSS中学) No.2320405 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari1206.htm
染谷幸二
2320524
勉強時間を確保するための秘訣を伝える語り
中学生は「勉強しなさい」という“直球”だけでは聞こうとしない。そこで、私は「勉強時間を確保するための秘訣」を語ることで勉強に対する意識づけを図っている。(推薦:TOSS中学) No.2320524 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari625-1.htm
染谷幸二
8832932
秩序ある学級に育てるコツ・生徒指導編 初めて眼鏡をかけるこの指導
もう15年以上前の話だ。札幌市で開催された向山洋一教え方教室に参加した。ここで、衝撃的な話を向山洋一氏から聞いた。初めてメガネをかける子への対応だ。30代になったばかりの私には、こういった発想はまったくなかった。
染谷幸二
2320530
体育祭選手・役員決めを短時間で終わらせたことを称える語り
1学期も残るところ10日間。学級の成長が見える瞬間がある。それを見逃すことなく生徒に伝えたい。9月に行われる体育祭の選手・役員決めが「あっ!」という間に決まった。(推薦:TOSS中学) No.2320530 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari717.htm
染谷幸二
2320531
「緊張に耐えられる力」の必要性を伝える語り
大舞台で実力を発揮できる生徒もいれば、実力を発揮できない生徒もいる。その違いはどこから生まれてくるのであろうか?中体連壮行会で感じたことを伝える語りである。(推薦:TOSS中学) No.2320531 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari616.htm
染谷幸二
2320532
脳腫瘍を克服した盛田投手の活躍を伝える語り(1)
道産子投手・盛田選手は脳腫瘍を克服し、再び1軍のマウンドに立った。その不屈の闘志を著書とビデオを使って授業した。授業の最後に書いた感想を紹介する際の語りである。(推薦:TOSS中学) No.2320532 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari625.htm
染谷幸二
2320465
体育祭の練習 3年生の意欲を2年生に伝える語り
勤務校の体育祭は学年縦割りで団を組織する。3年生が気持ちよくリーダーシップを発揮できる雰囲気を用意してあげるのが1・2年生の学級担任の仕事である。(推薦:TOSS中学) No.2320465 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari830.htm
染谷幸二
2320544
連絡票は《未来志向》で見て欲しいと伝える語り
連絡票は《未来志向》で見て欲しい。そんな願いを学級通信で語った。(推薦:TOSS中学) No.2320544 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari725.htm
染谷幸二
2320460
50時間学習突破! 目標を達成した生徒の努力をたたえる語り
1日2時間の学習を求めた。北海道の夏休みは25日間なので、50時間が目標となる。50時間を突破した生徒は7名。その努力をたたえて2学期の意欲につなげたい。(推薦:TOSS中学) No.2320460 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari824.htm
染谷幸二
2320458
2学期初日 保護者から手紙にこたえる語り(2)
夏休みの様子を保護者の方に書いていただいている。忙しい時間をさいて書いていただいた手紙である。私は短いコメントを添えて学級通信で紹介している。(推薦:TOSS中学) No.2320458 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari820-2.htm
染谷幸二
2320554
除雪作業は親孝行であることを伝える語り
別海では年に数回猛吹雪となる。小学校低学年ならば、吹き飛ばされそうな風が吹く。こんな時は、学校は臨時休校となる。その翌日に書いた学級通信である。(推薦:TOSS中学) No.2320554 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari128.htm
染谷幸二
2320522
体験学習の目的を伝える語り
小学校1・2年生の交流を行った。やんちゃな生徒が、汗をいっぱいにかきながら小学生と遊ぶ姿は実にほほえましい。総合的な学習の趣旨を語りながら、保護者に体験学習の目的を伝えた。(推薦:TOSS中学) No.2320522 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari529.htm
染谷幸二
2320533
脳腫瘍を克服した盛田投手の活躍を伝える語り(2)
道産子投手・盛田選手は脳腫瘍を克服し、再び1軍のマウンドに立った。その不屈の闘志を著書とビデオを使って授業した。授業の最後に書いた感想を紹介する際の語りである。(推薦:TOSS中学) No.2320533 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari628.htm
染谷幸二
2320543
駅伝大会に出場する選手を応援する語り
駅伝に出場する選手は、すべて立候補で決まる。部活動を引退した3年生を中心に、「走りたい!」という意欲を持った生徒が夏休みから走り込みを行う。目指すは全道大会である。(推薦:TOSS中学) No.2320543 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari920.htm
染谷幸二
2320399
自転車通学終了・時間を意識した生活をさせるための語り
冬の到来とともに自転車通学が終了する。生活のリズムを整えられない生徒が遅刻を繰り返す。こうした生活の乱れを正すには、保護者の理解と協力が欠かせない。(推薦:TOSS中学) No.2320399 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari1104.htm
染谷幸二
2320534
定期テストの事後学習について伝える語り
テストの事後指導として大切なことは、「わからない問題を、そのままにしておかない」ことである。1学期を気持ちよく終えるために、事後学習の方法について学級通信に紹介した。(推薦:TOSS中学) No.2320534 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari627.htm
染谷幸二
2320466
選手すべてが立候補で決まったドラマを伝える語り
すべての学級代表を立候補で決めている。体育祭の選手もすべて立候補で決まった。『賞状や順位で競えないところで勝負しよう!』が学級のスローガンである。(推薦:TOSS中学) No.2320466 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari830-1.htm
染谷幸二
2320607
1学期残り10日間、意欲的な生活の必要性を伝える語り
1学期も残るところ10日間。気持ちよく夏休みを迎えたいと、学級担任であれば誰もが臨む。そのためには、生活で見られる小さな「ほころび」を点検することである。(推薦:TOSS中学) No.2320607 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari714.htm
染谷幸二
2320535
定期テスト後、前向きな気持ちを持続させるための語り
テストが終わって夏休みまでの約1か月間、生徒の気持ちは緩みがちである。4月から続けてきた前向きな気持ちを持続させるためには、1日の生活の細かな部分を点検することである。(推薦:TOSS中学) No.2320535 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari629.htm
染谷幸二
2320557
保護者との信頼の絆を深める語り(3)
冬休み中は、『冬休みの生活』という小冊子に日記と学習の記録を記すことになっている。その最後のページには、保護者が休み中の様子を記入するページがある。(推薦:TOSS中学) No.2320557 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari131-2.htm
染谷幸二
2320556
保護者との信頼の絆を深める語り(2)
冬休み中は、『冬休みの生活』という小冊子に日記と学習の記録を記すことになっている。その最後のページには、保護者が休み中の様子を記入するページがある。(推薦:TOSS中学) No.2320556 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari131-1.htm
染谷幸二
2320546
体験発表会に立候補した意欲と勇気を称える語り
体験発表会に立候補した。広い会場で自分の思い発表するには勇気が必要である。私はその勇気を学級全体に伝えるために、生徒も最も緊張する「手をあげる場面」を学級通信に綴っている。(推薦:TOSS中学) No.2320546 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari912-1.bak
染谷幸二
5474759
ボランティア体験学習の成果を伝える語り(2)
9月、2年生は町内の公共施設に出向いてボランティア体験を行った。1日、地域の方が「先生」となる。生徒はそこで教室では学べないことを体験し、成長して学校に戻ってきた。(推薦:TOSS中学) No.2320542 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari919-1.htm
染谷幸二
2320541
ボランティア体験学習の成果を伝える語り(1)
9月、2年生は町内の公共施設に出向いてボランティア体験を行った。1日、地域の方が「先生」となる。生徒はそこで教室では学べないことを体験し、成長して学校に戻ってきた。(推薦:TOSS中学) No.2320541 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari919.htm
染谷幸二
2320459
2学期初日 保護者から手紙にこたえる語り(3)
夏休みの様子を保護者の方に書いていただいている。忙しい時間をさいて書いていただいた手紙である。私は短いコメントを添えて学級通信で紹介している。(推薦:TOSS中学) No.2320459 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari820-3.htm
染谷幸二
2320542
ボランティア体験学習の成果を伝える語り(2)
9月、2年生は町内の公共施設に出向いてボランティア体験を行った。1日、地域の方が「先生」となる。生徒はそこで教室では学べないことを体験し、成長して学校に戻ってきた。(推薦:TOSS中学) No.2320542 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari919-1.htm
染谷幸二
2320539
体験発表会に立候補した意欲を称える語り(1)
体験学習の発表会には、各学級から3?4名の立候補者を募る。広い会場での発表。立候補には勇気と決意が必要である。立候補の様子を描写することで、生徒の意欲を称えたい。(推薦:TOSS中学) No.2320539 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari918.htm
染谷幸二
2320562
スケート大会で見た学級の成長を伝える語り
2月には?10℃の中、恒例のスケート大会が行われる。生徒会執行部を中心に準備を重ね、学級対抗で競われる。大会の様子から、学級のまとまり・成長を伝える語りである。(推薦:TOSS中学) No.2320562 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari213.htm
染谷幸二
New TOSSランド