TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/05/24 現在)

21414
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ

制作者検索「川口達実」の指導案・教材・コンテンツの検索結果

No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
6026067
1年生がボールの基本的な投げ方・受け方を指導する ーその1- 
1年生には大きなボールをもって投げたり受けたりするのは簡単ではない。そこで、手に持ちやすい赤玉(運動会の玉入れに使うもの)を使うと、基本的な投げ方ができるようになる。また、恐がらないで受けられるようになる。情緒障害学級の4年生の子どもたちもできた。
川口達実
7031170
ADHDの児童が彫刻刀で今まで1度も手を切ったことがない方法
ADHD児のE君、T君、S君、Y君たちは、いつのまにか木を押さえている手に、彫刻刀の歯が向いている。彫っている木を動かすのを忘れてしまうのである。よくあることである。手を切る危険性がある。どの学年の時も、一度も手を切らずにすんだ方法である。
川口達実
6630713
発達障害の児童の暴言を受けとめて、かわす。
以前虐待を受けた子どもが、ささいなことで暴言を吐く。そんな時に、かっとなって大きな声で注意したら、その子どももなお大きな声を出したり、暴れたりする可能性がある。そんな、暴言を吐かれた時の対応法である。
川口達実
6962854
ADHDの子どもがふし浮きができるようになる指導
ADHDの子どもが、水泳の時間2時間で浮くことができるようになった指導法である。 ADHDの子どもが「ぼくできーん」と騒がずに、最後まで参加することができた。 No.6962854 http://homepage2.nifty.com/tatumi/taiiku-sizumuuki.htm
川口達実
4926024
ADHDの子どもがローマ字を読めるようになる初期指導(第6日目)
第6日目、パソコン室でローマ字打ちを行った。一人ずつにローマ字表をもたせた。子どもたちは、とても喜んだ。それを見て、キーボードと同じ文字を打って行くのである。時間は15分程度。
川口達実
4555812
あてっこしよう!言われなかった県は、何県か?
教師が地図帳の県名を言っていく。例えば、北陸地方の県名を言う。子どもたちは、県名を指で押さえていく。最後に、教師が聞く。「言わなかった県は?」子どもに指名して答えさせる。1番最初に正解した人が、次の地方の県名を言う。ADHDの子どももどれが言われたか聞き洩らさないように取り組んだ。
川口達実
2378234
ADHDの児童が喜んで取り組んだ追いかけ当てゲーム
ドッジボールは、決まった児童が活躍しがちである。ADHD児のK君は、ボールを投げたい・受けたい気持ちがいっぱい。だけど、ボールがこなくてふてくされて泣いたり、出ていったりしたK君。そんなK君が最後まで汗をかくほど、取り組んだゲームである。
川口達実
1596863
ADHDの子どもがローマ字を読めるようになる初期指導(第3日目)
特別支援学級5名の中のADHD児が、「読む」ことを中心に指導したところ、学ぶ文字数が増えた3日目(ア行 カ行 サ行)も集中して取り組んだ。3段に並んだ15文字を見て、ローマ字の文字の規則性にY君が気付いた。自分で2文字や3文字の言葉を組み立てるようになった。10分程度でできる。
川口達実
3759999
ADHDの子どもが国語辞典引きの授業に参加する3分の指導
ADHDの子どもが、授業の初めに辞典を準備して、3分間参加するようになった国語辞典指導法である。そのポイントを4つ示した。 No.3759999 http://homepage2.nifty.com/tatumi/kokugo-ziten.htm
川口達実
9566387
ADHDの子どもがローマ字を読めるようになる初期指導(第5日目)
第5日目は、ナ行である。ローマ字表の虫食い部分が増えてくる。フラッシュカードでは、1人で5文字挑戦、10文字挑戦する子どもが増えてくる。虫食い部分が増えても、頭の中で文字を補って、読めるようになる。
川口達実
4664099
ADHDの子どもがローマ字を読めるようになる初期指導(第1日目)
特別支援学級5名の中のADHD児が、ローマ字ドリルを書くのを嫌がるので、ローマ字練習を「書く」ことよりも「読む」ことを中心に指導したところ、集中して取り組んだ。毎日5分~7分程度でできる。
川口達実
5466778
自閉症(知能測定不能)が縦割り掃除に参加できるようになる指導(第3日目)
自閉症の4年男児(知能指数測定不能)は、縦割り掃除時間になっても、できるようになった指導である。第3日目は、掃除場所に行く途中、手を離しても一緒に行く。ぞうきんを手に持って掃除場所に行く。階段を3段拭く。3段のうち2段は自分で拭く。決まった場所で、終わりの挨拶をする。ささいなことでも、全てほめて行動を強化する。
川口達実
5983642
自閉症(知能測定不能)が縦割り掃除に参加できるようになる指導(第一日目)
自閉症の4年男児(知能指数測定不能)は、縦割り掃除時間になっても、できるようになった指導である。掃除時間、校舎内で遊んでばかりいたK君が、縦割り掃除のグループで、自分の分担場所を掃除して、最後の「終わりましょう」の挨拶まで、みんなといっしょにいるようになった。
川口達実
4776157
ADHD の子どもが割り算の筆算で、わる数とあまりの数を比較して、商を1大きくすることを見つけさせる指導
 割り算の筆算をすると、あまりの数が商よりも大きいのに、計算を終えてしまうADHDの子どもがいる。頭の中で、あまりの数とわる数の大きさを比べるのは忘れてしまうが、矢印で結ぶことで、大きさを比べて計算するようになった指導法である。
川口達実
9182540
ADHDの子どもがローマ字を読めるようになる初期指導(第5日目)
第5日目は、ナ行である。ローマ字表の虫食い部分が増えてくる。フラッシュカードでは、1人で5文字挑戦、10文字挑戦する子どもが増えてくる。虫食い部分が増えても、頭の中で文字を補って、読めるようになる。
川口達実
2402639
1年生に基本的な投げ方を指導した後のつまずきを直す
ボールを右手で投げる時、左足を大きく前に一歩踏み出すことを教える。うまくいって、一歩前に踏み出して投げているのに、ボールを以前と同じ長さしか投げられなかったり、投げる時にバランスを崩したりする子どもがいる。そのつまずきを直す指導法である。特別支援学級の子どもにも有効である。
川口達実
1838055
自閉症(知能測定不能)が縦割り掃除に参加できるようになる指導(第3日目)
自閉症の4年男児(知能指数測定不能)は、縦割り掃除時間になっても、できるようになった指導である。第3日目は、掃除場所に行く途中、手を離しても一緒に行く。ぞうきんを手に持って掃除場所に行く。階段を3段拭く。3段のうち2段は自分で拭く。決まった場所で、終わりの挨拶をする。ささいなことでも、全てほめて行動を強化する。
川口達実
3640957
ADHD児に始業式や集会で静かに話を聞かせる方法
ADHDのT君は、集会や始業式では、静かに話を聞いていない。立ち歩いたり声を出したりしないが、常に手足を小さく動かしている。集会や始業式、終業式で、話を以前より聞くようになった指導である。
川口達実
8061538
ADHDの子どもに有効な割り算の筆算「およその数」で割る指導
ADHDの子どもが、検討をつけた数を頭に置いたまま、計算することは難しい。それで、検討をつけた数字を、割る数の上に書いたが、どちらの数字を使って計算するのか、混乱する。そこで、検討をつけた数字にかっこをつけたところ、間違わずに早く正しい答えを求めることができた。
川口達実
7755137
自閉症(知能測定不能)が縦割り掃除に参加できるようになる指導(第2日目)
自閉症の4年男児(知能指数測定不能)は、縦割り掃除時間になっても、できるようになった指導である。第2日目は、掃除時間、ぞうきんを手に持って掃除場所に行く、階段を拭く、終わりの挨拶まで教えた。ささいなことを、ほめる。
川口達実
5179675
ADHDの子どもがローマ字を読めるようになる初期指導(第2日目)
特別支援学級5名の中のADHD児が、「読む」ことを中心に指導したところ、学ぶ文字数が増えた2日目(ア行 カ行)も集中して取り組んだ。自分で文字を組み立てるようになった。7分程度でできる。
川口達実
7522759
ADHDの子どもがローマ字を読めるようになる初期指導(第4日目)
特別支援学級5名の中のADHD児が、「読む」ことを中心に指導したところ、学ぶ文字数が増えた4日目(ア行 カ行 サ行 タ行)も集中して取り組んだ。3日目に文字配列の規則性に気付き、自分で3文字言葉を組み立てるようになった。 この4日目は、ローマ字表を虫食い表にして提示した。7分程度でできる。
川口達実
New TOSSランド