TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/02/16 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ

タグ検索「命」の指導案・教材・コンテンツの検索結果

No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
2770013
たったひとつのたからもの
ダウン症の秋雪君が懸に生きた事実を知り、自分のの大切さ、人のの大切さを考える。
奥清二郎
5577488
命の授業
の大切さを訴える授業。授業参観や研究授業でぜひ御使用ください。(法則化サークル芳賀野推薦) No.1270091 http://www1.ocn.ne.jp/~mashikot/inoti.html
松崎力
2210323
わたしのいのち・あなたのいのち
参観日におすすめ!!子育て中の女教師ならではという性教育の授業です。法則化シリーズの佐々木俊行先生の実践の修正追試。相田みつをさんの詩も取り入れました。道徳でも学活でも使えます。(原実践:松尾清恵、コンテンツ作成:丸山貴史)
丸山貴史
1270009
中1参観授業「命について」で全員発言を
中学生の参観会授業です。道徳で有名な「の授業」をしました。どの生徒も発言ができ、良く考え、保護者にも好評でした。 (原実践:松尾清恵、コンテンツ作成:丸山貴史)
丸山貴史
2210205
命のバトン
相田みつをさんの詩と家系図、教師の語りで、自分のが先祖から子孫へと受け継がれていくかけがえのないものであることを伝える授業です。三浦弘氏の修正追試です。(TOSS新潟ML推薦) No.2210205 http://www3.ocn.ne.jp/~saitou/inoti.htm
齋藤いち子
3358331
電池が切れるまで  ~染谷幸二氏の修正追試~
『電池が切れるまで』に登場する宮越由貴奈さんの「」という詩から、生き方や親のわが子に対する想いを通して、と向き合うということ、の大切さについて考える。染谷幸二氏の修正追試である。
佐藤俊哉
2210076
道徳・ペットの命
施設で処分されてしまう犬や猫。ペットのについて考える授業です。
高岡宣喜
1401751
電池が切れるまで
この授業は,染谷幸二氏「『電池が切れるまで』を使って生きる意味を伝える」(2210312)と,越智鈴穂氏「『電池が切れるまで』(染谷幸二氏追試)」(2210388)の修正追試である。最大の修正点は,日本テレビ『ズームイン・SUPER』で放映された番組を編集したものを見せることである。この資料は,文句なく感動ものである。コンテンツ作成:矢澤敏和先生 コンテンツ移行代理:平田純也
平田純也
8615414
やっちゃんの生き方に学ぶ
は自分ひとりのものではないことをやっちゃんの生き方を通して学ぶ授業です。(TOSS/Advance推薦) No.8615414 http://blog.goo.ne.jp/akira_0610/c/15da2d609d896bcd98161abcdb928475
吉谷亮
1743639
「いただきます」の語り
食べ物はいろいろなもののでなりたっている。そのことを伝える語り。甲本卓司氏の実践である。
畦田真介
2210019
「幸せとは」「生きるとは」「命とは」を考える授業
不慮の事故で両手切断された大野氏の生き方から、「幸せとは何か?」「生きることとは?」「とは?」を考え、今自分の生き方を振り返り、これからの生き方を考える授業。 No.2210019 http://www1.ocn.ne.jp/~asobi/doutoku/siawasetop.htm   原実践:東光弘先生  コンテンツ作成:福原正教
福原正教
9459258
さよならのあとに〜大野勝彦さんの生き方に学ぶ〜
大野勝彦さんの生き方に触れ、「幸せとは何か」を考え、今までの自分の生き方を振り返り、これからの生き方を考える授業。<広島ML推薦> No.9459258 http://www.hbs.ne.jp/home/mamo0324/sayonara.htm
鬼頭衛
1376562
命を守る塩(2)
厚生労働省は「一日10g摂取が目標」(健康日本21)と言われ、日本人の4人に1人(平成23年 横浜市立大学市民講座)が高血圧だと言われており、多く塩分を摂取することはよくないとされる。しかし、塩がなければ人間生きていけない。1970年代まで、家庭で使われる塩はほとんどが自然塩。精製塩によって高血圧などの増加がおこり、ひいては、微量元素をとらないことによる身体の機能低下を招いたという説もある。未来の家庭人として、健康のために塩を大切にする心構えを作りたい
土信田幸江
3535107
園芸委員に「水やり」をさせる言葉かけ
花壇の水やり当番は面倒な仕事だが、いいかげんにやると枯らしてしまう。 「水やり」当番を励ます2つの言葉かけ。
竹田博之
3547348
命を守る塩(2)
厚生労働省は「一日10g摂取が目標」(健康日本21)と言われ、日本人の4人に1人(平成23年 横浜市立大学市民講座)が高血圧だと言われており、多く塩分を摂取することはよくないとされる。しかし、塩がなければ人間生きていけない。1970年代まで、家庭で使われる塩はほとんどが自然塩。精製塩によって高血圧などの増加がおこり、ひいては、微量元素をとらないことによる身体の機能低下を招いたという説もある。未来の家庭人として、健康のために塩を大切にする心構えを作りたい
土信田幸江
New TOSSランド