TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/04/24 現在)

21599
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ

制作者検索「吉田高志」の指導案・教材・コンテンツの検索結果

No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
1143022
朝倉義景
6年社会科。戦国時代。「戦国時代を代表する人物は誰か」という討論をさせた後、地元福井県の戦国大名朝倉義景をとりあげた。戦国時代の初期には越前の雄と呼ばれていた朝倉氏には「全国統一をするチャンスはなかったのか。」子どもたちに討論をさせる。
吉田高志
1243015
電柱のある風景
酒井式の電柱のある風景を元に指導。学校が山間部にあるので周囲の美しい山を描かせた。
吉田高志
1142155
工場で働く人
3年社会「工場で働く人」工場見学を入れながら工場で働く人の作るための工夫に気づかせていく。最後はパソコンでまとめをつくらせる。
吉田高志
7334709
野生のイネと栽培されたイネ
社会科の授業、特に歴史では、語りが重要です。子どもたちが歴史が大好きになるような話を集めました。今回は米にまつわる話です。
吉田高志
1143042
農産物と耕地
5年社会。野菜の生産。農産物の生産は、自然条件や社会的な条件と密接に関わっていることに気づかせる授業。原実践 吉田高志 (c)TOSS福井
吉田高志
6341530
基礎が身につく6年社会科問題集
6年生社会の問題集です。基礎が身につきます。
吉田高志
1142011
火事を防ぐ
4年社会。火事を防ぐために消防士や地元の消防団が働いていることに気づかせる授業。消防署の見学や討論を盛り込んである。原実践 吉田高志
吉田高志
6057958
社会科のテストのさせかた
社会のテストの受けさせ方。勉強方法を教え、難しい用語の解説もする。
吉田高志
1143016
日本の平和と自衛
6年社会。平和を願う政治、日本が憲法に平和主義を掲げていること、そして、有事に備え自衛隊を持っていることを、討論を通して理解させる。
吉田高志
5286468
説明を効果的に使う
不必要な言葉を削る。子どもたちを動かす。これが授業にリズムとテンポを生み出す秘訣です。しかし、時には「説明」も必要です。今回は私の苦い体験談から「説明」の重要性について書きます。
吉田高志
7160582
シールを使って自動車ができるまでをまとめる
自動車が完成するまでをノートにまとめる。資料集などに付録としてついているシールを使うとすばらしいノートができる。
吉田高志
4107602
グーグルアースを使った古墳の授業
6年社会 グーグルアースを使った授業、古墳の分布を手がかりに大和朝廷が日本の国土を統一していった様子を理解させる。吉田高志
吉田高志
2090151
よだかの星
宮沢賢治の童話「よだかの星」を酒井式で描かせた。
吉田高志
1143342
雪が降るのが多いのは
5年社会。国土と自然。日本は、冬になると季節風がふくため太平洋側と日本海側では雪の降り方に違いがあることに気づかせる授業。石橋卓氏の修正追試。
吉田高志
8426968
知っていると便利、工業地帯の名前の覚えさせ方
京浜工業地帯、中京工業地帯の覚えさせ方である。知っておくと非常に便利。
吉田高志
1142009
岩野平三郎と越前和紙
4年社会。郷土を開いた人々。越前和紙を全国に広めるために大きな役割を演じた平野平三郎の業績。原実践 吉田高志
吉田高志
1943325
原爆投下の責任
原爆投下の責任は紛れもなくアメリカにある。アメリカの国際法違反であった。これは、日本の戦争を正当化するために主張するのではない。正義を旗印に戦ってきアメリカでさえ、最終的に手段を選ばぬ行動へと走っているのである。戦争というのは当に恐ろしい。それだからこそ、原爆投下の責任は不問にすべきではない。原爆投下の責任は明らかにアメリカにあったことを理解させるのがこの授業のねらいある。
吉田高志
1243013
わらないを教えてもらっているぼく
お年寄りにわらないを教えてもらっているところを木版画で表現した作品
吉田高志
1143028
邪馬台国を探せ
6年社会。古墳時代。向山実践「邪馬台国はどこだ」の追試。古代史の謎である邪馬台国探しに挑戦させる。
吉田高志
3216520
日本とつながりの深い国々は、ノート指導を中心に
年度末に行われる日本とつながりの深い国々の授業。ベースとなるのは調べ学習。時間がない場合は、ノートづくりを中心に行う。
吉田高志
8738725
あたらしい憲法の話を使った調べ学習
戦後まもなく発行された「あたらしい憲法の話」は、中学生向けの副読本である。これを使って日本の政治の働きが学べる。
吉田高志
8002256
交通事故増加の原因は何か
交通事故増加の真の原因は、車の増加である。車の増加に対して十分な安全対策がとれなかったことに気づかせていく授業。向山実践の修正追試
吉田高志
2652864
物流が支えるわたしたちの生活(宅配便)
宅配便を例として取り上げ、物流が私たちの生活を支えていることに気づかせる授業。
吉田高志
1142157
市のようす
「市のようす」.前単元で学習した「学校のまわりの土地のようす」と比較させながら.海辺の土地.山に囲まれた土地.平らな土地.建物が多い土地など.市の土地のようすを理解させた。(C)TOSS福井
吉田高志
2682103
箇条書きで書く
社会科ノート指導の基礎。箇条書きの大切さ。
吉田高志
1143013
日本がこれから仲良くしていかなければならない国
6年社会。世界の中の日本。発問「日本がこれから一番仲良くしていかなければならない国はどこですか。」について考えさせることを通して、日本と他の国との結びつきについて考えさせる。原実践 吉田高志
吉田高志
3900762
発言を引き出す言葉
子どもたちの発言を引き出す言葉があります。「あてずっぽうでいいです」「できただけで立派です」「おしい」の3つです。
吉田高志
8379746
グーグルアースで見る福井市のすがた
3年社会 福井市の土地の様子や土地の使われ方をグーグルアースを使いながら理解させていく。
吉田高志
1143023
3人の武将と天下の統一
6年社会。戦国時代。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3人の武将の生き方を比較し、どの人物が戦国時代を代表する人物としてふさわしいか討論をさせる。向山式歴史学習法。向山実践の修正追試。
吉田高志
8002127
明治維新を成し遂げた大久保利通
社会科の授業、特に歴史では、語りが重要です。子どもたちが歴史が大好きになるような話を集めました。今回は明治時代に日本の近代化を進めた大久保利通の話です。
吉田高志
1143029
三内丸山遺跡
6年歴史。縄文時代。日本最大の縄文遺跡である三内丸山遺跡をとりあげた授業。大型堀立柱建物の再現図を書かせる活動を通して、縄文時代に大きな建物があったことに気づかせ、当時は、移動生活をしていたという定説に疑問を投げかける授業。原実践 吉田高志
吉田高志
6924876
米の生産量と消費量の変化
正進社の資料集を使った授業。「米の生産量と消費量の変化」から、生産調整や品種改良を読み解く。
吉田高志
9234275
水はどこから
向山洋一氏の「水道の授業」を構想追試。「水はどこを流れていますか」を中心発問として単元を構成した。 
吉田高志
1243016
思い出の校舎
酒井式の校舎の絵をもとに指導。まもなく廃校となる校舎を周囲の山をバックに描かせた。
吉田高志
1143027
大仏づくりに進んで参加したか
6年社会。奈良時代。「奈良の大仏づくりに従事した人たちは進んで協力したか」という問題を提示、討論を交え、当時の様子を思い浮かべさせる。西尾一氏の修正追試。
吉田高志
9888271
占守島の戦い
1945年8月18日から21日にかけてソ連と日本軍の間で占守島の戦いが行われた。終戦後に行われたこの戦争をほとんどの日本人は知らない。しかし、この戦争は①北海道占領というソ連の野望をくじいた②北方領土が、ソ連軍によって不法に占拠されていく過程を明らかにするという点で極めて重要である。
吉田高志
1143037
世界一小さいネジをつくる
5年。社会。日本の工業。日本の工業を支えているのは世界一の技術を持つ中小工場である。その中の1つ世界一小さいネジを作る福井鋲螺の生産の工夫に迫る授業。原実践 吉田高志 (c)TOSS福井
吉田高志
3799872
歴史道場
6年生の社会科に登場する歴史人物を覚えるためのサイトです。繰り返し取り組むことで、効果が倍増します。
吉田高志
1143032
環境を守る森林の働き
5年社会。森林の働き。森林の働きを理解させ、日本の森林が非常に危ないこと、そして森林を守ることが非常に難しいことを理解させる。原実践 吉田高志 (c)
吉田高志
7736527
社会科ノートづくり「トレースさせよ」
社会科ノート指導の基礎。重要な図は、トレースさせる。トレースさせるだけで力がつく。
吉田高志
9391424
はなさかじいさんを酒井式で描く
昔話「花さかじいさん」を酒井式で描かせた。
吉田高志
1143017
選挙は国民主権の柱
6年。公民分野。選挙は国民主権を支える最も重要な仕組みであることを、投票所の仕組みをもとに理解させる。有田和正氏の追試。(c)TOSS福井
吉田高志
3705981
「例えば」という接続詞の指導で発言が具体的になる
 「例えば」という副詞をつなぎ言葉として使わせるだけで、子どもたちの発言がより具体的になります。
吉田高志
4721941
水害を押さえ込む技術から抜く技術へ
5年社会自然災害 洪水を完全に押さえ込む西洋式の技術から、先人達が開発した抜く技術へと、変わりつつある日本の洪水対策の変化を授業する。
吉田高志
1142014
ごみはただか
4年社会。ごみの始末の問題を有田和正氏の発問「ごみはただか」を軸にして組み立てた授業。
吉田高志
1242001
あけびとり
あけびとりに行った時の話を板紙版画で表現させた作品。
吉田高志
1142228
ごみのしまつ(見学のまとめの書かせ方)
4年社会「ごみのしまつ」クリーンセンターの見学とそのまとめ方。デジタルカメラと見学メモを使ってレポートを作成します。原実践吉田高志
吉田高志
9598882
日本の気候 雨温図の読み取り
小学校の子どもたちには読み取りが難しい雨温図。1枚のワークシートを使って覚えさせる。
吉田高志
1142007
雪国福井のくらし
4年社会。雪国福井のくらしを、「雪がない方がいいと思っている人が多いですか。あった方がいいと思っている人が多いですか」という発問を核にして展開した授業。原実践 吉田高志
吉田高志
1142156
学校のまわり
3年社会「学校のまわり」見学と絵地図づくりを繰り返しながら.子どもたちに学校の周りの土地の様子を理解させていく。
吉田高志
New TOSSランド