TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/10/21 現在)

21415
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ

タグ検索「いじめ」の指導案・教材・コンテンツの検索結果

No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
2122869
いじめはいけない!」 子どもの心にずしんと響く道徳の授業
いじめをしない!」授業後,子どもたちの感想から力強い決意が伝わってきます。「わたしの妹」山口佳子氏の追試です。(TOSS北海道ML推薦) No.2122869 http://www.yamadarn.com/cgi-bin/wiki/wiki.cgi/hkd?page=%BF%FB%B8%B6%C2%D9%B9%B0%A3%B1
菅原泰弘
2210105
「いじめ」の授業
いじめの怖さや悲惨さを脳の話や遺書を使いながら進めていきます。 No.2210105 http://www3.ocn.ne.jp/~hirokot/ijime.htm
高野宏子
5938282
『君に届け』(椎名軽穂・著)を活用した道徳の授業
いじめの指導」はいつもいかなる時も子供たちに指導していかなければならない重要事項である。子供たちにとって、最も身近で切実な問題である。しかし、説教ばかりしても意味がない。叱られることは慣れるからである。その代わり、何度も何度も使う資料や内容を変えて子供たちに語る。長谷川博之氏は100回語れ、それでも変わらなければ1000回でも語れと述べている。『君に届け』という人気コミックを元にした映像を活用して、子供たちに、何がいじめになるのか、具体的に示すことで、いじめに対する感度をあげる授業をした。
鈴木恒太
5739279
望ましい「先輩・後輩の関係」を作り上げる道徳授業
進級を前にした3月、必ず行う『道徳』の授業がある。「先輩と後輩の関係」を正面から扱った授業である。私は1年間の道徳教育、生徒指導、学級経営の集大成として行う。なぜなら、中学校教育から規範意識を失わせているのが、封建的な体質が色濃く残る「先輩と後輩の関係」であると考えるからだ。こうした上下関係を解消しない限り、学校全体が望ましい姿にはならない。生徒には好評な授業である。
染谷幸二
5042074
悪口などの言葉の乱れがあったときの語り
悪口があったり、乱暴な言葉遣いなどの言葉の乱れがあったときにどのように語るのか。甲本卓司氏の追試である。 ハインリッヒの法則をもとに語る。
畦田真介
8120238
いじめの授業「わたしのいもうと」
松谷みよ子氏の絵本「わたしのいもうと」を使った授業である。
吉田高志
1454061
『わたしのいもうと』を使ったいじめの授業
松谷みよ子著『わたしのいもうと』(偕成社)を使用した道徳授業です。「いじめは犯罪である」ことを子どもたちに教えます。授業展開は、TOSS福井の吉田晴美氏の実践を追試しています。いじめについての語りは、河田孝文氏の追試です(出典:河田孝文著『授業技量提言集4 本筋の心の教育』、明治図書)。
原田雄大
6963425
いじめの定義
いじめをきちんと定義すれば子供は自ら予防するようになる。
小川幸一
6126424
脳の話
TOSS福岡西岡美香氏「のうみそくんは知っている」旧TOSSランド№2210169 http://www.i-kyushu.or.jp/~mikarin/noumiso.html の修正追試。パワーポイントで視覚に訴える形で授業をすすめる。
高丸
7742995
『わたしのいもうと』の授業
絵本『わたしのいもうと』を使ったいじめについての授業です。
木村理子
2320071
たいへん!!下駄箱に「○○死ね」の落書きが・・・
下駄箱に「○○死ね」と書かれた紙が入っていた、と女の子が教えにくる。筆跡がクラスの男の子に似ている。こう指導すれば子どもも傷つかず、もう2度と同じことが起こらない!
三瓶まゆみ
3497346
ルールを教える-人のズボンを脱がしてはならない
身の回りのルール(法律)。 TOSS道徳「心の教育」シリーズ23巻(明治図書)より
河田孝文
8846520
いじめは脳を傷つけている
いじめは脳を傷つけている」という医学の研修成果に基づく授業。コンテンツ作成:河田孝文先生 コンテンツ移行代理:平田純也
平田純也
6641531
秩序ある学級に育てるコツ・荒れとの闘い編 アメ・ガムの持ち込みは怒鳴っても解決しない 
怒鳴っても問題は解決しない。「そうしてしまう心」に焦点を当て、毅然とした態度で“荒れ”と闘う気概が必要である。アメ・ガムを例に、その指導場面での語りを再現する。
染谷幸二
5121516
子どもを鍛える①いじめの正体をあばく
いじめの正体をあばく。 TOSS道徳「心の教育」シリーズ2巻(明治図書)より
北島瑠衣
8094358
悪口を言って開き直る子どもへの指導はこうする!
NPO福島県子どもの教育支援サークルで答えたQA集。授業、学級経営等様々な悩みを解決できます。
小林千草
8585399
イラストで学ぶシリーズ  いじめを考える
イラストで学ぶシリーズ イラストは提示するだけで理解が深まります。無駄な説明を省いて指導することができます。(TOSS大阪みおつくし推薦) No.8585399 968  原実践者 辻野 裕美先生 (コンテンツ作成 大輪真理)
大輪真理
1681869
いじめをなくす!
子ども達の表情が真剣になり、教室の空気がピーンと張り詰める授業。 前半は山口佳子氏「わたしの妹」の修正追試、後半は高野宏子氏「いじめの授業」の2の前半の追試
平瀬公士
2210203
いじめはいけないと痛感させる道徳「わたしのいもうと」
いじめに対する「怒り」「憤り」「悲しみ」。力のある資料が.子ども一人一人の心に深く突き刺さります。(北海道ML推薦) No.2210203 http://www.d2.dion.ne.jp/~meitoku/wataimotop.html   原実践:田上大輔先生  コンテンツ作成:福原正教
福原正教
9395557
の う み そ く ん は 知 っ て い る
いじめをしていた子の心を動かします。
西岡美香
4168436
「いじめる前に受けたい授業」
2007年2月 例会模擬授業対決 指導案
杉谷英広
2626977
いじめの授業「あの3週間」
自作教材「あの3週間」を使った授業である。理由があれば、集団で無視をしてもよいという間違った考えをくつがえすことをねらっている。
吉田高志
3679698
三 「ごまかしたり、嘘をついたりしない」という生き方    河田孝文
うそをつかない,ごまかさないという大切な生き方を教えた実践。
河田孝文
4686341
「いじめ」を解決する教師の意識
いじめ」は,いつでも、どこでも起こる。いじめを見抜き、解決する責務を教師は背負っているという自覚と行動力が必須である。
竹田博之
3178419
『わたしのいもうと』でいじめ防止
松谷みよ子『わたしのいもうと』を使って、いじめ防止への意識を高める指導を行った。保護者から「学級通信を読んで涙が出ました」というお便りを頂いた実践。
村上睦
2442767
いじめと闘う教師の手立て
いじめをなくせるのは,教師だけです。どのようにして,いじめと闘うのか,その手立てを紹介します。
岩田史朗
6075087
何でもない日も「日案」をつくって乗り切る
長い間、担任を続けていると、時々、自分自身が倒れてしまいそうな厳しい状態のクラスを担任することがある。そんな集団を率いていくのは、正に消耗戦である。その日々を如何に、淡々と、自分自身が倒れないように生活していくかは準備にかかっている。その実例を紹介する。
鈴木恒太
5627342
異動1年目の平教員でも、「いじめ発見・対応のシステム」を教育課程に導入できる!!
年度末学校評価の会議を活用し、文書で明文化された形で提案していけば、いじめ発見・対応のシステムを、教育課程の中に導入することができる。
鈴木恒太
1338896
いじめの語り
いじめの時にどのように語るのか。甲本卓司氏から教えていただいた方法を紹介する。
畦田真介
9582495
高学年女子のトラブルへの対応~保護者編~
女子同士のトラブルへの対応「保護者編」 女子グループの無視・仲間はずれにどう対応するかの具体的な対応事例を紹介します。
戸村隆之
2971439
トイレは、生徒指導上の重要なチェックポイントである
中学校の若い先生と話す機会があった。 「○○中学校のトイレはどう?」と尋ねたのだが、質問の意味が分からなかったようだ。  トイレは生徒指導上の再重要ポイントであるという意識を共有したい。
竹田博之
1613939
ルールを教える-嫌がっている人に無理矢理何かをさせることは、「罪」である
身の回りのルール(法律)について。 TOSS道徳「心の教育」シリーズ23巻(明治図書)より
河田孝文
2320513
「友達」について新しい視点を与える語り
4月、バレーボール元日本代表である三屋裕子さんの『求めてばかりいないで』というエッセーを使って授業をする。「友達」について新しい視点を与えるのがその目的である。
染谷幸二
8827515
中1ギャップを防ぐライフスキルの授業
卒業を目の前にした6年生。子どもたちは中学校生活に希望や期待を抱いている。しかし、現実的にみると中1では、いじめの件数では最も多く、小6と比べて不登校の生徒数も急増する。このような現象を「中1ギャップ」と呼ぶ。資料から現状をとらえ、「中1ギャップにならないようにするにはどうしたらいいか」を子どもたちと一緒に考える授業を試みた。
柳橋学
8720183
「いじめ自殺」報道に対応するメッセージ
いじめ自殺の報道は連鎖を呼ぶので細心の注意が必要である。学年の足並みをそろえる上で、このまま「語り」ができることを想定して文書を作成した。
竹田博之
5398655
ヒーローの生き方から原理・原則を抽出する
ヒーローから生き方を学ぶ道徳実践です。 原実践 渡辺尚人 (コンテンツ代行 吉谷亮)
吉谷亮
1270027
「いじめの正体」
いじめの正体」をわかりやすく紹介。学級開きにぴったりのお話。(TOSS熊本推薦) No.1270027 http://www4.ocn.ne.jp/~tanouejw/moral/ijime/ijime.html   原実践:田上善治先生  コンテンツ作成:福原正教
福原正教
5571452
学級生活を脅かす「いじめ」 芽の摘み取り方
いじめをなくせるのは、教師だけである。 それは「教室」という場所で起こっている事件だからである。 ~  向山洋一 「解答乱麻」2012.9.8  ~ そのために,年度初め,学期途中で,行うべき指導,チェックリストである。
有村紅穂子
3556384
Dさんが仲間はずれになってしまった!さあ,どうする?
小学校3年生を対象にした,ライフスキルの授業。仲間はずれにしてしまった自分を反省し,対話を改造していくプロセスを紹介する。(TOSS東雲推薦)   No.3556384 http://www5.ocn.ne.jp/~kkazushi/taiwakaizouprocess.htm 原著者:小松和重
溝口佳成
3713813
「いじめ問題」教師が法的に知っておくべきこと
いじめについて。教師ならば向き合い真剣に考えなければならないことです。 いじめ問題で教師はどのような罪に問われるのか。 中井光TOSS顧問弁護士にいじめについてお聞きました。 「いじめ問題」で教師が法的に知っておくべきことをご紹介します!
杉谷英広
1638477
秩序ある学級に育てるコツ・生徒指導編 「いじめの芽」は机の上に表れる
教室がそこで過ごす生徒達にとって居心地の良い場所であってほしい。そのためには、「いじめ芽」を丁寧に、そして根気強く摘み取る作業を続けるしかない。その1つが、机の上である。ここを学級担任が管理する。そして、「なぜ、机の上にプリントが置かれたままではいけないのか?」を教えていく。こうした小さな積み重ねが、秩序ある学級に育てていくことになる。
染谷幸二
5829449
いじめを乗り越える授業
いじめを乗り越え、弁護士になった大平光代さん。彼女の生き方を通して、いじめを乗り越えるために必要なものを子ども達に伝えます。 No.5829449 http://blog.goo.ne.jp/denooo/
中山崇
2210391
「わたしのいもうと」
いじめの根絶は教師の責務である。子どもには、その反社会性を考えさせていきたい。1995年2月11日、第1回TOSS道徳講座で提案した、4~5年生向け1時間の授業構成である。(TOSS武蔵野推薦)
小宮孝之
4727044
わたしのいもうと ~いじめについて考える~
松谷みよこさんの絵本をもとに、いじめについて考える授業です。
西岡美香
3448010
いじめ発見のシステムを作る―向山洋一 トップページ
いじめ発見システムについての解説。トップページ。 TOSS道徳「心の教育」シリーズ第3巻
河田孝文
7904733
親切そうに見える「ちょっとした行為」を見逃すな
 親切そうに思える言動の中に、「いじめ」の様子が含まれていることがある。これを見逃さずに、適切に対応していかねばならない。
戸井和彦
9396285
五 いじめを解決する三つの対応
 第一は「いじめの発見」をどのような方法で行っていくのかが示されているべきである。第二は「いじめ」を発見したとき、どのように対応するのかの方法が示されるべきである。第三に「いじめ」が、解決されたかどうかを最終的に誰が判断するのかも決めておかねばならない。
河田孝文
6454705
教務だより:いじめへの対応編
教務だよりの「いじめへの対応編」です。 アンケートの実施と合わせて、読んでもらいました。 2編、紹介します。
小林正樹
4597626
秩序ある学級に育てるコツ・夏休み明け編 「いじめの芽」を摘み取るための語り
中学校の場合、夏休み明けからが本当の勝負となる。1学期に積み上げたことがゼロに戻り、もう1度、気づき上げなければならないからだ。特に、「いじめの芽」を摘み取ることに意識を働かせなければならない。そんなときに有効な語りを紹介する。
染谷幸二
9532748
秩序ある学級に育てるコツ・生徒指導編 プリントを「はい」と言って渡すことの趣旨を教える
教室がそこで過ごす生徒達にとって居心地の良い場所であってほしい。そのためには、「いじめ芽」を丁寧に、そして根気強く摘み取る作業を続けるしかない。その1つが、プリントの配り方である。ここを学級担任が管理する。そして、「なぜ、『はい』と言ってプリントを渡す方がいいのか?」を教えていく。こうした小さな積み重ねが、秩序ある学級に育てていくことになる。
染谷幸二
No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
2471199
【ワークシート】何がいじめなのか意識調査
クラスで、「いじめ」か「ふざけ」が微妙なラインの行為が続出した際に行うワークシート。事例であげているものはすべて「いじめ」である。内容はクラスの実態に沿って、実際に教師が気になっている事例について尋ねるとよい。ワードなので教師がやめさせたい行為に変更して配布するとよい。
鈴木恒太
2548890
のうみそくんは知っている パワーポイントコンテンツ
西岡美香先生の「のうみそくんは知っている」TOSSランドNo: 9395557を基にパワーポイントコンテンツを作成しました。
具志睦
5270933
【教育課程実物文書】いじめ発見・対応校内システム
現代の学校における「いじめ=犯罪」には、組織対応が必要不可欠である。担任1人に任せて責任を押し付ける体制では、特に重篤なケースの場合、絶対に解決しない。全校の体制が必要である。そのために、年度末の学校評価会議で提案し、学校の教育課程の中に、位置付けるべきである。実物文書例を掲載。ワード文書なので、各学校の事情に合わせて、加筆・訂正が可能である。
鈴木恒太
8398488
【教育課程実物文書】「教育相談委員会指導計画」
近年の学校では、様々な危機が降りかかる。例えば、いじめ 不登校 学級崩壊 特別支援対応 モンスターペアレンツなどの問題である。特に、それらが、生活指導部の指導範囲を著しく越えるような問題の予防・調査・解決のために「教育相談委員会」を設置する。その指導計画である。ワード文書なので、各学校の実情に合わせて、加筆・訂正ができる。
鈴木恒太
New TOSSランド