TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/02/23 現在)

21467
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ

キーワード検索「」の指導案・教材・コンテンツの検索結果

No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
2182518
百人一首で100発問を作る(37)白露に~
”見開き2ページで100発問”の構想追試です。1)100回音読、2)全ての単語を辞書で引く、を行った後、100発問に挑戦し、向山先生が提唱された”短歌5つの授業パーツ”に即した発問をピックアップしました。
佐藤昌弘
2316448
百人一首で100発問を作る(40)忍ぶれど~
”見開き2ページで100発問”の構想追試です。1)100回音読、2)全ての単語を辞書で引く、を行った後、100発問に挑戦し、向山先生が提唱された”短歌5つの授業パーツ”に即した発問をピックアップしました。
佐藤昌弘
4961162
『舞姫』(森鴎外)第3時
事件2を扱う。留学当初と違い、豊太郎が以下の変化を起こしていることを理解させる。 ①大学の自由な気風に触れ、独立の思想を持ち始めていること。 ②(①の影響もあってか)法学・政治学よりも歴史文学に傾倒していること。 ③そのことで留学生達や官長との関係も悪くなっていること。
坂本佳朗
7514776
返信したくなる暑中・残暑見舞いはがき2017
学級の子供たちに向けて、暑中・残暑見舞いのハガキを作成しました。 毎年、クイズを入れて返信したくなるような手立てで作成しています。
井上敬悟
9631272
『舞姫』(森鴎外)第4時
事件3の前半を扱う。エリスの設定について、以下のことを理解させる。 ①きわめて美しいこと。 ②父親が死んで貧しい境遇にあること。 ③葬儀の費用が出せず、あてにしていた座頭(シヤウムベルヒ)に身勝手な要求をされていること。
坂本佳朗
1997053
音を追いかけて
教育出版の中学国語1年生の教科書で、最初に学習する物語である。設定を読み取り、主役の心情変化が読み取れるように展開する。
原田涼子
4191018
金色の小さき鳥の形して銀杏ちるなり夕日の岡に
与謝野晶子の短歌「金色の…」を分析批評で指導する。 小学4年生への2時間の実践です。
夏井圭太郎
7250143
日常を十七音で  ~俳句の書かせ方~ 
俳句の作り方の指導です。
保坂雅幸
3290528
書写 手のひらを筆に見立てた空書き指導 「の」の書き方
書写の空書きは指ではなく、手のひら全体を筆に見立てて、教える。ひらがなの「の」などは筆の動きが複雑だが、手のひらでやることでイメージがしやすくなる。
横田智
4392600
山村暮鳥「西瓜の詩」
東京書籍の5年新しい国語に掲載されている詩、山村暮鳥の「西瓜の詩」を授業した。情景を絵に描かせて、検討した。
夏井圭太郎
1235992
「討論」と「討議」の違いから会議の意義と方法を教える
「討論」と「討議」、「会」と「会議」の違いを考えさせることを通して、「討議」「会議」は採決するものであることを教える。(出典「向山型国語教え方教室」誌 論文審査15 1978年5月10日調布大塚小学校6の1学級通信「スナイパーNo 218」) ※参考文献 『向山学級四代目 名取伸子の国語のノート 5年生後半』『向山学級・名取ノート徹底解明講座 第3回記録集』(いずれも東京教育技術研究所)
坂本佳朗
4720754
これなあに(古文なぞなぞ)
一 上をみれば下にあり下をみれば上にあり、母の腹を通りて子のかたにあり 二 「ばあば」には二度会えて、「じいじ」には一度も会えないもの 二つのなぞなぞを解かせる。(出典「向山型国語教え方教室」論文審査61)日本語の変遷にも触れることができる。
坂本佳朗
8694418
部首名当て「漢和辞典」
『向山型国語教え方教室』の誌上論文審査 「向山型国語に挑戦」65をもとに、①漢②和③辞④典それぞれの部首名を当て、字典編集の論理を考えさせる授業を構想しました。
坂本佳朗
2459603
唐詩「送元二使安西」(王維)の授業
王維の詩「元二の安西に使ひするを送る」を分析批評のコードの1つ「対比」で授業する。
坂本佳朗
6233477
「こころ」(夏目漱石)要約指導
夏目漱石「こころ」の要約指導。 原実践者 中川とも子氏(出典「中学高校向山型国語実践事例集」)コンテンツ制作 坂本佳朗 ①追い読み ②キーワードを与えた上で60字要約を作らせる。最後は「私。」で終わる。 ③20字要約にするためにはどこを削ったり言い換えたりするか、考えさせる ④20字要約 の流れで各場面を展開している。
坂本佳朗
5632432
説明文「スズメと人間」(浦本昌紀)
昭和52年度版光村「スズメと人間」を読ませ、一文ずつを取り上げながら、①断定と推定の違い②「短い言葉への言い換え③言葉の示す範囲をベン図・数直線で表現すること を指導する。説明文の指導としては異色だが、間違いなく言葉にこだわった授業である。原実践は伴一孝氏の再現授業(2012年1月21日 向山学級・名取ノート徹底解明講座第一回)。
坂本佳朗
No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
New TOSSランド