TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/07/23 現在)

21480
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ

制作者検索「染谷幸二」の指導案・教材・コンテンツの検索結果

No.
タイトル
コンテンツ概要
制作者
2320445
期末テスト前日の学活で伝える語り
何日も前から準備をしてテストに臨む。その努力を少しでも無駄にはさせたくない。ちょっとした語りであるが、素直な生徒はミスを最小限に抑えられであろう。
染谷幸二
1617852
秩序ある学級に育てるコツ・教室管理編 学級の力が表れる黒板を管理するのは教師の仕事である
黒板を管理すること。それは教師の仕事である。教科経営だけではなく、学級経営の上でも非常に重要なことだ。黒板にその学級の力が表れる。生徒の趣旨を説明し、納得させるからこそ、正常な状態が保たれるのである。
染谷幸二
2320517
中学校3年生「黄金の3日間」に伝えること(3) ~「初心」を再確認させる語り2~
希望を持って迎える中学3年生の4月。その新鮮な気持ちを卒業まで持続させたいと思う。そのためには、「先輩」として活躍する様子を学級全体に伝えることである。
染谷幸二
2320449
生徒の作文から「伸びるための3条件」を伝える語り
伸びる生徒には共通点がある。だからこそ、伸びる条件を生徒に伝え、そこを目標に生活してほしいと願う。100回の説教よりも、1回の語りの方が生徒の心に伝わると思っている。
染谷幸二
2320564
カウントダウンカレンダーから「心」を伝える語り
カウントダウンカレンダーが登場した。3年生はこの時期、1日1日を大切に生活しようとする。これまで積み重ねてきた中学校生活を噛みしめるように時間を過す。その思いを伝える語りである。
染谷幸二
2320460
50時間学習突破! 目標を達成した生徒の努力をたたえる語り
1日2時間の学習を求めた。北海道の夏休みは25日間なので、50時間が目標となる。50時間を突破した生徒は7名。その努力をたたえて2学期の意欲につなげたい。(推薦:TOSS中学) No.2320460 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari824.htm
染谷幸二
2320399
自転車通学終了・時間を意識した生活をさせるための語り
冬の到来とともに自転車通学が終了する。生活のリズムを整えられない生徒が遅刻を繰り返す。こうした生活の乱れを正すには、保護者の理解と協力が欠かせない。(推薦:TOSS中学) No.2320399 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari1104.htm
染谷幸二
1145130
世界地理・復習問題集1 『中国・韓国のまとめ』
単元のまとめや定期テスト前の復習、高校入試対策にお使いください。
染谷幸二
2793478
北方領土の授業 導入編1 日本の最北端を確認する 
稚内市宗谷岬に「日本最北端の地」と書かれた碑がある。たくさんの観光客が、その碑をバックに記念写真を撮る。誰も、その間違いを指摘しない。「主権」よりも「観光」が優先されているのである。私は、ここから領土教育をスタートさせる。
染谷幸二
1145104
評定「1」の生徒に学力を保障する取り組み ~私が授業で心がけていること50選~
評定「2」の生徒を「3」にあげることが、学級集団の学力をあげるためには絶対に必要である。これができれば、「1」の生徒も「2」にあがることになる。
染谷幸二
1145103
教科経営力を伸ばす「教科書見開き2ページ」発問50づくり ~公民・衆議院と参議院~
教科の力を伸ばす方法として、私は教科書見開き2ページ50発問づくりに挑戦している。教育出版中学社会・公民の衆議院と参議院で発問50づくりに挑戦した。
染谷幸二
2320617
生徒の座席を教師が決める目的を伝える語り
学級がまとまるまで座席は私が指定することにしている。生徒にとって、座席は重大な関心事である。だからこそ、その目的は何度も語り続けなければならない。
染谷幸二
2320442
担任にとって「うれしいこと」を素直に生徒に伝える語り
日常の何気ない生活の中から、生徒の「心」が伝わってくる。生徒を見ることの大切さを、自分自身に伝えるために書いた通信である。
染谷幸二
2320561
校内推薦基準」を明確に伝える語り
各学校とも推薦委員会が設置され、推薦基準をもとに願書の提出が行われている。こうした情報を早めに提示することは、大切なことである。私は2年生の3学期に学級通信で伝えている。(推薦:TOSS中学) No.2320561 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari212.htm
染谷幸二
2320535
定期テスト後、前向きな気持ちを持続させるための語り
テストが終わって夏休みまでの約1か月間、生徒の気持ちは緩みがちである。4月から続けてきた前向きな気持ちを持続させるためには、1日の生活の細かな部分を点検することである。(推薦:TOSS中学) No.2320535 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari629.htm
染谷幸二
2210335
『ブロークン・ウィンドウ理論』を学級で語る
秩序ある学級にするため、何が必要なのか?それは《乱れた状態を見逃さない》という学級担任の強い意志であると、私は思っている。願いを伝え、生徒の協力で秩序ある学級を育てていきたい。
染谷幸二
6847774
秩序ある学級に育てるコツ・忘れ物指導編2 必要ないルールは、学級から秩序を奪っていく
学級担任であれば、誰だって「秩序ある学級に育てたい」と思う。しかし、口で言うほど簡単ではない。その原因の多くは教師の側にある。教師の考えにブレがあっては、学級に秩序は育たない。教師の確かな信念が学級に落ち着きと優しさをもたらす。忘れ物指導を例に考えてみる。
染谷幸二
1145163
新選組を授業する 武士以上に武士になることを求めた近藤勇
新選組・近藤勇は、武士以上に武士になることを求めた。卒業を3日後に控えた中学3年生に、中学校最後の社会の授業を行った。その実践である。
染谷幸二
2320456
2学期初日 2学期の目標を確認する語り
4月の新学期が「黄金の3日間」ならば、2学期は「シルバーの1日間」である。気持ちよいスタートを切って5か月間を乗り切るためには、もう1度、それぞれの目標を確認することである。
染谷幸二
2320511
「30秒スピーチ」に新しい価値づけをする語り
30秒スピーチは、事後指導が大切である。スピーチ原稿は生徒の目標、夢が詰まっている「宝物」である。これを学級通信に紹介し、すべての原稿に私がコメントを加えていく
染谷幸二
2320562
スケート大会で見た学級の成長を伝える語り
2月には?10℃の中、恒例のスケート大会が行われる。生徒会執行部を中心に準備を重ね、学級対抗で競われる。大会の様子から、学級のまとまり・成長を伝える語りである。(推薦:TOSS中学) No.2320562 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari213.htm
染谷幸二
2320458
2学期初日 保護者から手紙にこたえる語り(2)
夏休みの様子を保護者の方に書いていただいている。忙しい時間をさいて書いていただいた手紙である。私は短いコメントを添えて学級通信で紹介している。(推薦:TOSS中学) No.2320458 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari820-2.htm
染谷幸二
2320605
1本のボールペンから「心」を伝える語り
お説教やお節介に背を向ける中学生も、ほほえましいエピソードには耳を傾ける。息子が誕生日プレゼントにもらった1本のボールペンから、「心」の意味を伝えようとした語りである。
染谷幸二
3913196
5年後に選挙に行くことを目標にした授業3 政党のキャッチフレーズ 
衆議院議員の総選挙が行われた。半分の生徒が、親と一緒に投票所に行き、実際に投票する場面を見た。これこそ、最高の体験学習だと思う。 選挙運動期間中、数回にわたって選挙のミニ授業を行う。1回10分程度の授業であるが、生徒には大好評である。その目的は、5年後に選挙権を取得する中学3年生に選挙に関心を持ってもらいたいからだ。テストに出題される重要語句を覚えさせることも重要だが、日本の未来を決める国民の大切な権利である選挙に関心を持たせることの方が重要だと思っている。
染谷幸二
2310005
読書好きの生徒を育てる「朝の10分間読書」
朝の読書が中学校の教室に落ち着きと、知的な雰囲気を生み出しました。絶対にオススメの実践です。
染谷幸二
2330003
イベントで学級は成長する
中学校にこそイベントが必要です。中学2年生での実践報告です。
染谷幸二
2320513
「友達」について新しい視点を与える語り
4月、バレーボール元日本代表である三屋裕子さんの『求めてばかりいないで』というエッセーを使って授業をする。「友達」について新しい視点を与えるのがその目的である。
染谷幸二
2320447
陰で学校を支えてくれる人の存在を伝える語り
5分早く出勤してみてはいかがであろうか? 見えなかったこと、気がついていなかったことが、たくさん発見できる。朝の5分が、私にとっての語りのネタの宝庫である。(推薦:TOSS中学) No.2320447 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari1211.htm
染谷幸二
2320448
挨拶の大切さをこの時期に改めて指導するための語り
挨拶の大切さは、中学生ならば誰でもわかっている。しかしながら、「わかっている」からといって「できる」とは限らない。だからこそ、何度も何度も語り続けなければならないのである。
染谷幸二
9990350
秩序ある学級に育てるコツ・学級日記編 日記の返信を学級通信に綴って世論を共有する
小規模校に勤めていた時、『班日記』を学級経営の柱にしていた。生徒は20名、4つの班があった。班ごとにノートを渡し、輪番制で書いてもらった。毎日、日記を書くことは、書くことを苦手にしている男子には負荷が大きすぎると判断したからだ。小規模校はクラス替えがない。小学校入学から同じメンバーで過ごすことになる。閉塞した人間関係から脱却する価値ある実践となった。
染谷幸二
2320541
ボランティア体験学習の成果を伝える語り(1)
9月、2年生は町内の公共施設に出向いてボランティア体験を行った。1日、地域の方が「先生」となる。生徒はそこで教室では学べないことを体験し、成長して学校に戻ってきた。(推薦:TOSS中学) No.2320541 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari919.htm
染谷幸二
2310006
「アトランダム・ラブレター」のやり方を教えます
学級活動の時間に最適です。学級が明るくなり、生徒には笑顔があふれます。
染谷幸二
2040402
発達障害児の学習評価 不利になる評価方法を見直す
 「意欲・関心・態度」の評価は難しい。私自身、「こうした情緒面の評価に意味はない」と思っている。しかし、評価せざるを得ない以上、特別支援を必要とする生徒も含め、すべての生徒にとって不利にならない評価基準を作成したい。 しかし、教育現場は逆である。忘れ物の数、ワークの提出回数などが評価の対象となっている現実がある。その現状を変えるには、教師側が《不利益を被らない評価基準》を作り出す必要がある。
染谷幸二
2320080
荒れた学級に悩む仲間への私信
「荒れた学級を何とかしたい」と奮闘する仲間へのメッセージです。
染谷幸二
2320387
学級に秩序を育てる語り・靴箱指導の趣意を伝える
教師の指示が通る、秩序ある学級にを育てるための語りである。(推薦:TOSS中学) No.2320387 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari1006.htm
染谷幸二
2320402
部活動の本当の目的を伝える語り
サッカー日本代表の森島選手と難病をかかえた少年との交流を授業であつかった。その感想を紹介しながらの語りである。
染谷幸二
6061529
秩序ある学級に育てるコツ・給食指導編  学級経営案に明確に位置づけ、「卑しいマネはしない」を徹底する
給食は弱肉強食が最もあらわになる時間でもある。学級担任であれば、常に「弱い立場にある生徒」が伸び伸びと過ごせるような対策をとることが求められる。そのためには、学級担任である自分自身が揺れてはいけない。私の場合、学級経営案に明記することで方針を貫いている。それが「弱い立場にある生徒」を救う第一歩になると考えている。
染谷幸二
2320528
全道大会出場を果たした仲間を称える語り
部活動に情熱を燃やす生徒にとって、全道大会出場は大きな目標である。その目標を達成した学級の仲間を、心から応援する心を生徒一人ひとりに持ってもらいたい。(推薦:TOSS中学) No.2320528 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari715.htm
染谷幸二
2320493
合唱コンクールまであと3日! 朝練習をやる気につなげる語り
朝練習は要注意である。全員が気持ちよくステージに立つためには、「朝はそれぞれに事情がある」ことを担任が語る必要がある。
染谷幸二
5739279
望ましい「先輩・後輩の関係」を作り上げる道徳授業
進級を前にした3月、必ず行う『道徳』の授業がある。「先輩と後輩の関係」を正面から扱った授業である。私は1年間の道徳教育、生徒指導、学級経営の集大成として行う。なぜなら、中学校教育から規範意識を失わせているのが、封建的な体質が色濃く残る「先輩と後輩の関係」であると考えるからだ。こうした上下関係を解消しない限り、学校全体が望ましい姿にはならない。生徒には好評な授業である。
染谷幸二
2320026
学級通信を発行するコツ
中学校の学級経営にこそ学級通信が有効です。学級通信を書くコツをお教えします。
染谷幸二
2320453
2年生に三者面談の意義を伝える語り
2年生だから、伝えたい語りがある。3年生がどんな気持ちで勉強し、どんな努力で「将来の夢」を勝ち取っていったのか? 1年後の準備が、もう始まっているのである。
染谷幸二
2320526
1学期を気持ちよく終わらせるためのポイントを伝える語り
夏休みを控えた7月、1学期を気持ち良く終わらせるためには伝えておくべきことがある。事前指導をしっかりやっておけば、「荒れ」を最小限に留めておくことができるからである。
染谷幸二
2320543
駅伝大会に出場する選手を応援する語り
駅伝に出場する選手は、すべて立候補で決まる。部活動を引退した3年生を中心に、「走りたい!」という意欲を持った生徒が夏休みから走り込みを行う。目指すは全道大会である。(推薦:TOSS中学) No.2320543 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari920.htm
染谷幸二
2320534
定期テストの事後学習について伝える語り
テストの事後指導として大切なことは、「わからない問題を、そのままにしておかない」ことである。1学期を気持ちよく終えるために、事後学習の方法について学級通信に紹介した。(推薦:TOSS中学) No.2320534 http://www.marimo.or.jp/~someya/katari627.htm
染谷幸二
1145135
世界地理・復習問題集4 世界地理の総復習 重要語句セレクト54
単元のまとめや定期テスト前の復習、高校入試対策にお使いください。
染谷幸二
9445362
中学地理・「情報を読む力」を育てる授業2 隙間の時間に有効! タウリン1000mg=タウリン1gである
生徒の情報に対するアンテナの精度を高めたい。「それ、ちょっとおかしいじゃない!」と言える生徒を育てたいからだ。こうした話題を教師が送り続けることが、長い目で見たとき、有効であると考えている。
染谷幸二
2320023
最初の学年集会で話したこと(中学2年生)
最初の3日間を意識して、学年集会で話しました。アドバルーンを教師自身があげること、これが中学校の生徒指導の基本です。
染谷幸二
2320390
読書の楽しさを伝える語り
心落ち着けた学級経営をしたいと望む10月。文化の香り漂う学級を作りたいと、担任であれば願います。読書の楽しさを朝学活で語ったことを、学級通信に載せました。
染谷幸二
5814082
部活動入門 「部活動は生き方指導である」
3年間を部活動にかける中学生。そのエネルギーは膨大なものだ。TOSS中学の主張である《部活動=生き方の指導》の論文を集めたサイトである。
染谷幸二
New TOSSランド